次 世代 住宅 ポイント カタログ。 新着情報一覧

【次世代住宅ポイント】カタログでの商品交換方法を解説!

次 世代 住宅 ポイント カタログ

2020年2月3日 を掲載しました。 iPhone、iPad、iTunes および Multi-Touch はApple Inc. メールは、info i-pn. ポイントの交換申込期限は、令和2年6月1日~令和2年11月30日 です。 是非この機会に足をお運び頂ければ幸いです。 2019年9月17日 を公表しました。 その場合のポイント発行申請期限は、令和2年6月1日~令和2年8月31日(予定)。 デジタルカタログページ一覧 デジタルカタログのページ一覧です。 家具はずっと私たちの傍にあり、 理想の暮らしには生活を楽しくする「家具」が必要だった。

次の

次世代住宅ポイント【カタログからも交換商品の申し込みができます!】

次 世代 住宅 ポイント カタログ

次世代住宅ポイントはカタログでも交換可能 次世代住宅ポイントで交換できる商品が全て掲載されているカタログは、次世代住宅ポイントサイトのダウンロードページからダウンロードすることができます。 専用のコールセンターも設けて問い合わせにも対応する体制を整えた。 2020年4月8日 商品交換申込期間が2020年9月30日までに変更となりました。 こちらのページ以外からのダウンロード、または郵送してもらうことはできないので注意してください。 省エネ住宅ポイントの商品交換は 2016年1月15日をもって 終了しました。 送料は別途支払う必要があるのですか? 原則、ポイント数には配送料・手数料・消費税等が含まれていますので、送料などを別途支払う必要はありません。

次の

【次世代住宅ポイント情報配信中】デジタルカタログ

次 世代 住宅 ポイント カタログ

2019年5月7日 「」を掲載しました。 2019年11月27日 の各申請タイプのページより工事証明書等の指定書式がダウンロードできるようになりました。 2019年8月8日 を公開しました。 2020年4月17日 を公表しました。 2019年5月31日 が可能となりました。 Q.どのくらいの金額が次世代住宅ポイントで交換できるの? A.新築は最大35万円相当、リフォームは最大30~60万円相当 Q.次世代住宅ポイントはどうやって交換するの? A.行っていただくのは、事務局へのポイントの申請と、商品交換の申請です。 次世代住宅ポイント制度は2019年10月の消費税増税の対策として実施された制度です。

次の

よくある質問

次 世代 住宅 ポイント カタログ

2020年2月3日 を更新しました。 ZEH住宅補助金制度とは、太陽光で発電したエネルギーと、消費エネルギーが概ね同じになる省エネ性能の高い住宅(ZEH住宅)の普及を国が強く推進しており、 「ZEH」を取得、あるいはZEHに改修する方に対し、 条件によって異なる補助金を交付しています。 この記事では、カタログからの申し込み方法や申し込む際の注意点などを詳しく解説していくので、商品選びの参考にしてみてください。 2019年12月2日 各申請の手引きと「」を更新しました。 「今後、追加商品のカタログを別途作製する予定です」との表記がありますが、2020年1月20日時点ではまだ第2巻は公開されていません。 2019年6月3日 工事完了前ポイント発行申請とポイント予約申請の受付を開始しました。

次の

新着情報一覧

次 世代 住宅 ポイント カタログ

これから住宅を建てる方やリフォームを検討されている方は ぜひご利用ください。 2019年6月3日 が可能となりました。 また、次世代住宅ポイントサイトの交換商品ページではあまりにも商品数が多くて選びにくいと感じる方には、ある程度商品数が絞られているカタログの方が選びやすいといえます。 申請の際には令和2年3月31日までに契約できなかった理由の申告が別途必要となります。 をご覧ください。

次の

【次世代住宅ポイント】カタログでの商品交換方法を解説!

次 世代 住宅 ポイント カタログ

2020年3月16日 各申請の手引きとを更新しました。 <充実のコンテンツ展開中> 省エネ住宅ポイント デジタルカタログ 省エネ住宅ポイントと交換できる商品を掲載したデジタルカタログです。 2019年12月13日 を公表しました。 ご利用の際、お名前や生年月日等を店頭スタッフへお伝えください。 交換対象商品は直営店・特設ブースでもご覧いただけます 高野木工の商品は下記直営店・特設ブースでもご覧頂けます。 交換商品を変更またはキャンセルしたいのですが 一度お申し込みいただきました商品の取り消しや返品はできません。 記入方法は申込書の中に詳しく書かれていますのでそちらをご参照下さい。

次の