越谷 市 ハザード マップ。 指宿市防災ハザードマップ

守谷市防災ハザードマップ 守谷市公式サイト

越谷 市 ハザード マップ

外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全場場所への避難や自宅内のより安全な場所にひなんをしてください。 大雨時には、この他の地域についても、注意が必要です。 掲載日:2020年6月19日 県内市町村地震ハザードマップ 地震ハザードマップとは 地震による揺れの強さや揺れによって引き起こされる、建物倒壊や液状化の危険度を地図上に表したものを地震ハザードマップといいます。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。 水防法により洪水浸水想定区域に指定された市町村は作成が義務づけられます。 (第5章液状化の予測16ページに「液状化のしやすさ分布図」を掲載)• (注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 「公助」とは、市役所や消防・警察による救助活動や支援物資の提供など、公的支援のことを言います。

次の

越谷市内水ハザードマップ(浸水実績図を活用した手法によるもの) 越谷市公式ホームページ

越谷 市 ハザード マップ

ページID1023319 更新日 令和2年4月13日 近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。 Q7 避難勧告と避難指示(緊急)の違いは何ですか? 「自助」とは、家庭で日頃から災害に備えたり、災害時には事前に避難するなど、自分の身を自分で守ることを言います。 土砂災害区域等マップ 県内の土砂災害 特別 警戒区域及び土砂災害危険箇所等の情報を地図上にわかりやすく示したものです。 (土砂災害危険箇所は国が示した調査要領に基づく結果であり、法律に基づく指定区域(急傾斜地崩壊防止区域、地すべり防止区域、砂防指定地、土砂災害警戒区域等)とは異なります。 土砂災害に関する情報(土砂災害危険度判定図、県内各地の雨量情報は、土砂災害危険箇所情報、土砂災害警戒情報発表状況等)は、以下のURLで見ることができます。

次の

越前市洪水ハザードマップ

越谷 市 ハザード マップ

表面に土砂災害、裏面に信濃川の洪水ハザードマップを掲載しています。 災害時には、自助・共助・公助が互いに連携し一体となることで、被害を最小限にできると共に、早期の復旧・復興につながるものとなります。 Q8 自助・共助・公助とは何ですか? 市政情報 Municipalism information 「市政情報」 でよく見られるページ• 地震時における市街地の危険性を公表、周知することにより、建築物の耐震不燃化、避難地・避難路・防災拠点の整備等防災まちづくりの一層の推進を図ることを目的としています。 黄色や赤色で表示している土砂災害(特別)警戒区域では、大雨などにより土砂災害が発生するおそれがあります。 埼玉県地震被害想定調査被害分布図について 5つの想定地震ごとに、地域の震度や液状化可能性などを地図上で検索することができます。 土砂災害発生の危険性の確認や自主的に避難する場合の判断材料とするためにぜひご活用ください。

次の

ハザードマップ/川口市ホームページ

越谷 市 ハザード マップ

もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。 (注意)土砂災害ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。 掲載日:2019年8月19日 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップとは?• 土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、栃木県が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。 Q5 どの様な場合に避難勧告や避難指示(緊急)が発令されるのですか? 小千谷市では、土砂災害や信濃川の洪水のおそれのある地域を表示した「小千谷市土砂災害・洪水ハザードマップ」を市報おぢや平成29年6月25日号の配布に併せて全戸配布しました。 一 級河川姿川・思川合流点上流の流域で1日の総雨量が634ミリメートル• JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。

次の

ハザードマップ(洪水・土砂災害)|宇都宮市公式Webサイト

越谷 市 ハザード マップ

一級河川田川・田川流域で6時間の総雨量が365ミリメートル• なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 日頃から浸水被害に対する備えをしていただくとともに、万一の際は、あわてず落ち着いて避難できるよう、家庭や地域、職場などでご活用いただきますようお願いいたします。 組織から探す Section concerned list• 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を合わせて、避難情報と呼んでいます。 各市町のホームページや窓口などでご覧になることができますので、各市町へお問合せください。 信濃川が氾濫するおそれがある場合、市から避難情報を発表しますので、早めの避難を心がけてください。 (注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。

次の

洪水ハザードマップ

越谷 市 ハザード マップ

防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法と避難行動 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。 指宿市防災ハザードマップ 更新日 2018年11月13日 指宿市防災ハザードマップ 防災ハザードマップは、台風や集中豪雨等による水害・土砂災害や、津波などの自然災害による被害を予測し、その被害の程度や住民のみなさんの避難に役立つ情報等を地図上にわかりやすく示したものです。 以下は、表面に掲載した地区別の土砂災害ハザードマップです。 river. Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 各河川の想定条件は以下のとおりです。 土砂災害危険箇所は新潟県内に約9900箇所余りあり、小千谷市内には220箇所余りあります。

次の

指宿市防災ハザードマップ

越谷 市 ハザード マップ

土砂災害危険箇所は土砂災害の発生箇所を決定するものではありません。 浸水想定区域は、対象とする河川の延長や流域などの条件によりそれぞれ異ります。 前もって災害の被害を知ることができる、普段から災害に対する危機意識を持つことができる、何をすべきか、何が必要か判断でき、素早く避難することができるなどの効果が考えられます。 (このマップは、個別の家屋の浸水被害を表したものではなく、浸水範囲を予測したものではありません。 発令されたら、速やかに避難場所へ避難してください。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 独自に情報収集する際の参考にしてください。

次の

川崎市:洪水ハザードマップ

越谷 市 ハザード マップ

以下のホームページから土砂災害や信濃川の水位などの防災関係情報を取得することができます。 大雨や台風、地震等に備えて、あらかじめ避難経路や指定避難所、指定緊急避難場所を確認してください。 万が一、災害が発生した場合に、落ち着いて行動することができるよう活用してください。 過去に作成・配布した洪水ハザードマップはこちら 信濃川のほかに、茶郷川・湯殿川・表沢川、茶郷川上流部、須川、焼田川の洪水避難地図も掲載しています。 「災害用伝言ダイヤル」は、被災地への通話がかかりにくい状態(ふくそう状態)になった時、被災地内の家族、親戚、知人等と安否の確認や緊急連絡を取れるようにするものです。 以下のページ内でご覧いただけます。 越谷市が位置する埼玉県南東部地域は、利根川、江戸川、荒川などの一級河川が貫流する低湿地帯であり、地勢的にも治水対策は欠くことのできない重要な施策として、これまでも、国・県による河川整備等にあわせて、市管理河川の整備や市内ポンプ場の整備などを実施してまいりました。

次の