ペトルーシュカ から の 3 楽章。 ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3楽章:ストラヴィンスキーとルービンシュタイン

moraのご利用について

ペトルーシュカ から の 3 楽章

3、謝肉祭の日 謝肉祭に湧く市場で、乳母や農夫、行商人やジプシーの娘たちが様々な踊りを披露している場面。 現代音楽の祖、ストラヴィンスキー 作曲家である イゴーリ・ストラヴィンスキー(図4)について少し説明しておきましょう。 。 未記入盤• 作風こそ違え、いずれもロシアの伝統に根付いた題材を音楽化したという点で、1枚のアルバムとしては筋の通った選曲となっている。 ハイライトCDだが、果たしてこの曲を収録するのは彼にとって名誉になったかどうか。

次の

「ペトルーシュカ」からの3楽章

ペトルーシュカ から の 3 楽章

初演の数週間前になってようやく完成した。 ペトルーシュカは嫉妬し喧嘩となりますが、やがて3人は仲直りをし踊りだします。 White 1979 p. 演出・振付・主演:、バレリーナ:広瀬佐紀子・笹本公江、ムーア人:関直人、美術:三林亮太郎、衣裳:吉村倭一、照明:小川昇、舞台監督:池田義一、演奏:、指揮:と。 ストラヴィンスキーを演奏する際、ラナはオリジナルのオーケストラ作品から多くのインスピレーションを受け、その上でピアノの可能性を極限まで探ります。 幸いにも、運指に関して工夫できるところがたくさんあります。

次の

ペトルーシュカからの三楽章|大瀧拓哉|note

ペトルーシュカ から の 3 楽章

ルービンシュタインに「過去のどの作品よりも難しいものを作ってほしい」と頼まれたことによって、オーケストラのこの作品から3つの楽章を取り、ピアノソロに編曲されました。 ローティーのように音楽性を重視した行き方をしているようにも見えるが、技巧がイマイチで成功していない。 37bis III. 躍動するリズム感、開放的な音色、煌びやかな装飾音、立体的に表現された情景描写と鮮やかな場面転換、そして超絶技巧。 お祭り騒ぎが頂点に達し(かなり時間が経ってから)、人形劇場から叫び声が上がる。 まあ現代ではこれを弾きこなすピアニストもいることはいるのだろうが、テクニック云々という問題ではないように思う。 むしろ前衛的で技巧的なものはそれとペトルーシュカくらいなものだ。

次の

ストラヴィンスキー:『火の鳥』組曲、『ペトルーシュカ』からの3つの楽章、ラヴェル:鏡、ラ・ヴァルス ベアトリーチェ・ラナ : ストラヴィンスキー(1882

ペトルーシュカ から の 3 楽章

それでも、ポイントとなる工夫は全て載せるつもりですので、お付き合いください。 まったく、上手いことを言うものだ。 当時ベノワは『火の鳥』と同時に公演された『』に関してディアギレフと喧嘩になり、二度とディアギレフの元では働かないと宣言していたが、子供の頃からの人形劇のファンであったため、その魅力的な申し出を断ることはできなかった。 第1楽章「ロシアの踊り」 全般的に難しいこの作品。 同時に、ストラヴィンスキーの名声も高まっていきます。 第3楽章:第3場より「謝肉祭」 原曲にある第1場「群集」「人形使いの見世物小屋」、第3場「ペトルーシュカの死」「警官と人形使い」「ペトルーシュカの亡霊」はこの編曲には登場しない(は「ペトルーシュカの死」「ペトルーシュカの亡霊」を独自に追加している)。 熊を連れた農夫の踊り Danse du paysan et de l'ours• その結果、とんでもなく難しい曲が出来上がってしまった。

次の

ディスコグラフィ

ペトルーシュカ から の 3 楽章

Taruskin 1996 pp. ペトルーシュカが蹴飛ばされて、部屋に飛び込んできます。 ホロヴィッツも録音を嫌がったというし(と言いつつ爆速演奏を残しているのはさすが!)、ギレリスもそうだ(こちらは結構端折ったりカットしてる)。 夜の帳が降りて群集も掻き消え、魔術師はぐにゃぐにゃしたペトルーシュカのむくろを担ぎながら去ろうとすると、ペトルーシュカの死霊が人形劇場の屋根の上に現われ、ペトルーシュカの雄叫びは、いまや怒りに満ちた抗議となる。 ロシア・バレエ団は彼が亡くなるまでパリを中心に活動し、多くのバレエ音楽を委嘱し初演しました。 このレパートリーのほとんどは、2019年3月、彼女がカーネギー・ホールでデビューした時に演奏した曲。 名演なのは、客観的にも主観的にも、やはりポリーニだと思っています。 曲中の特徴的なリズムは人形たちの踊りのぎこちなさを連想させます。

次の

アルフレッド・ブレンデル ストラヴィンスキー「ペトルーシュカからの3楽章」を聴く■An die MusikクラシックCD試聴記

ペトルーシュカ から の 3 楽章

ストラヴィンスキーの打楽器的なピアノの使用は、その後の作曲家たちへの影響を考えても非常に大きな意義のあるものだったに違いないが、彼のピアノ曲が全てそうかといったらそうでもない。 そして二人の恋が盛り上がってきたときに、ペトルーシュカが乱入してきます。 20世紀前半から活躍したピアニストで、今日の水準で見てもテクニシャンの範疇に入るのは、ヴラディミール・ホロヴィッツのみであったと思います。 ムーア人がペトルーシュカに追いついて斬殺すると、人だかりが凍りつく(ここでムーア人は、人の心の苦しみに無常で冷淡な世間の暗喩となる)。 ペトルーシュカは喜びますが、バレリーナは彼の気持ちを受け入れず去っていきます。

次の

Fingering: ストラビンスキー「ペトルーシュカ」の運指法(第1楽章) Stravinsky Petrouchka 1st mov.

ペトルーシュカ から の 3 楽章

このピアノ編曲は極めて演奏困難なことで知られ、非常に癖のあるテクニックを多用することで有名。 ペトルーシュカはムーア人に体当たりするが、自分が小柄で弱いことを思い知らされるだけだった。 なぜならば、ムソルグスキー「展覧会の絵」のみは、80年代末に再録音していますが、当時レコード会社もプロの評論家も、ブレンデルが「意外な曲を録音した」と騒いだからです。 ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3楽章 バレエ音楽「ペトルーシュカ」を、ストラヴィンスキー自身がピアノ版に編曲したものだ。 White 1979 p. 録音がやたらにライヴ(多残響)で曲にマッチしていない気がする。 ペトルーシュカは魔術師につれなく扱われると、バレリーナはムーア人といちゃつき始め、哀れなペトルーシュカの感じやすい心を打ちのめす。 47年版スコアにおいてはパフォーマンス用のフィナーレが最後に追加されており、華々しく終わることも出来るようになっている。

次の