あづま 給食。 【宅配弁当のキャッシュレス化を目指す】オフィスに弁当を宅配・販売するあづま給食が宅配弁当業界初となる電子マネーとクラウドシステムを使った新しいオフィス向け弁当注文システム【OBENTO‐PIT(オベント・ピット)】を開始|株式会社あづま給食センターのプレスリリース

【あづま給食センター】スマートフォンからお弁当の注文ができる!スマホ×お弁当配送サービス「あづま弁当」を開始|株式会社あづま給食センターのプレスリリース

あづま 給食

あづま給食センターは現在、毎日3500~4000食の弁当製造を自社にて行っており製造からお届けまで一貫して行っております。 。 2016年には創業50周年を迎え、品質およびサービスの向上として、テクノロジーを使い「あづま弁当」をはじめとした新たな取り組みを行っております。 企業向け宅配弁当の市場は大きく、当社は急激に進化するテクノロジーを活用することで、活路が見い出せると考えました。 「弁当の注文を従業員から取りまとめたり代金を集めるのは大変な業務。 ご注文は御社専用URLより当日10時までご注文いただけます。

次の

NFC活用の無人弁当販売サービス「OBENTO

あづま 給食

近年のベンチャーが新サービスを打ち出すきっかけとしては極めて一般的なものだ。 集金業務をしたくないから宅配弁当を導入していなかったという総務の人の声も聞いた」(古川社長)。 ウォレット」「楽天ペイ」を採用した。 ウォレット、楽天ID決済に対応した「POINTO・BENTO」を開始 毎日食べるランチを美味しくお得に。 決済手段には「PayPal(ペイパル)」「Yahoo! 毎日の献立はあらかじめ決まっており、ご利用者様は食べたい日の献立をチェックして、注文数を指定するだけ!毎日決まった時間にお弁当が届きます。 多くは品川区や渋谷区、港区といったIT企業が集積するエリアのオフィスに入居している企業だ。 特にIT企業の集積するようなエリアでは、お昼時の飲食店に来客が集中しがちだ。

次の

オフィスで健康的なランチをより簡単に!企業向け宅配弁当の「あづま弁当」がYahoo!ウォレット・楽天ID決済に対応した「POINTO・BENTO」を開始|株式会社あづま給食センターのプレスリリース

あづま 給食

ITベンチャーが興した弁当宅配事業では、注文・配達システムは自前だが、弁当の製造については外部の専門業者に委託しているケースも少なくない。 他の弁当業界の企業と同様、もともとITとはあまり無縁の無かった同社だが、キーエンスで法人向けコンサルティング営業を経験したり、経営大学院でマーケティングやサプライチェーン・ERPについて研究するといった異色の経歴を持つ古川社長によって、急速なIT化を遂げつつある。 いつでもどこからでも、3タップでお弁当の注文・決済・集計ができるサービスです。 1社あたり最低3食よりのお届けとなりますので、いつもの仲間と一緒にご注文下さい。 面倒なお弁当の集計や集金が不要になり、総務担当者様のお手を煩わせません。

次の

【あづま給食センター】スマートフォンからお弁当の注文ができる!スマホ×お弁当配送サービス「あづま弁当」を開始|株式会社あづま給食センターのプレスリリース

あづま 給食

ユーザーはスマホの専用アプリか、職場に設置された端末を使って注文する。 Yahoo! ただ、あづま給食センターはベンチャーでなく老舗だ。 お申込受付も合わせて開始します。 株式会社あづま給食センター(代表取締役社長:古川 直/本社所在地:東京都葛飾区)は、株式会社コノル(代表取締役:溝田隆明/本社所在地:東京都千代田区)と共同で開発した無人弁当販売サービス「OBENTO-PIT(オベント・ピット)」を提供開始します。 下記の問い合わせ先よりご連絡ください。 弁当配達にIT化によるキャッシュレスを組み合わせた本サービスは現在、21社で導入されている。 アイスタイルや東急リバブルをはじめ、都内企業へ同サービスの提供を開始するという。

次の

NFC活用の無人弁当販売サービス「OBENTO

あづま 給食

本サービスはあづま弁当ご利用のすべてのお客さまにご利用いただくことができます。 総務の人は自分もお昼休みを取りたいのに、従業員の弁当のために潰れてしまうこともある。 NFC内蔵シールタグにスマートフォンをかざすだけで簡単に決済が完了することも、販売所の渋滞、混雑を回避することに役立ちます。 ビジネスパーソンや企業総務の貴重な昼休みをどう守れるか。 現地でも16年ごろからスマホやタブレットを使ってニューヨーカー向けにキャッシュレスで弁当の注文・販売・宅配に取り組む。 最近では丸の内ビルディング(東京都千代田区)や、東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)といった大型のオフィスビルからの注文も来るようになった。

次の

【あづま給食センター】スマートフォンからお弁当の注文ができる!スマホ×お弁当配送サービス「あづま弁当」を開始|株式会社あづま給食センターのプレスリリース

あづま 給食

オフィスや家庭など身近な場所に転がっている切実な課題を、ITの力で解決する。 ウォレットや楽天ID決済を用いることで、毎日のお弁当でTポイントや楽天スーパーポイントが貯まります。 同サービス「OBENTO-PIT」を、都内(新宿区・渋谷区・品川区・港区・千代田区・中央区・江東区・江戸川区・墨田区・葛飾区・他)に展開する。 端末をシールに置き換えることでコストを下げ、弁当の料金をより抑えることで普段使いの弁当宅配のニーズを掘り起こしていく方針だ。 古川社長は、弁当メーカー自身が独自のITサービスを構築している利点も強調する。

次の