ゆき ぐに 大和 病院。 院長のあいさつ

外来・診療案内

ゆき ぐに 大和 病院

(昭和38年)• (元年)• 駅前バス停から浦佐駅東口行き乗車42分「魚沼基幹病院入口」バス停から徒歩7分 自家用車• (平成27年)• この地域にある県立の小出病院、六日町病院は病床数を縮小した上で魚沼市、南魚沼市の市立病院となる。 具体的には、入院時の医療だけでなく、在宅医療でも、病院内と同じ二次レベルの医療の提供(治療手段・情報手段)の継続をめざしています。 担当医別の外来診療表 担当医別の外来診療表はこちらをご覧ください。 また、私たちの病院は、地域に開かれた病院であり続けたいと思っています。 12月:健康館「草楽堂」完成• 11月:「南魚沼市民病院」140床開設、大和病院は一般病床40床に減床• 歯科は10:00から12:30、13:30から16:00に受け付けます(月曜日と土曜日の午後を除く)。

次の

院長のあいさつ

ゆき ぐに 大和 病院

書籍のご紹介 認知症医療(2014) 共同執筆 宮永和夫 出版社 株式会社中山書店 価格 9,500円(税別) ISBN 978-4-521-73901-4 認知症ハンドブック(2013) 共同執筆 宮永和夫 出版社 医学書院 価格 10,000円(税別) ISBN 978-4-260-01849-4 ステップ式認知症処方(2013) 著者 宮永和夫 出版社 株式会社新興医学出版 価格 1,800円(税別) ISBN 978-4-88002-177-5 介護スタッフのための安心!急変時対応(2011) 著者 宮永和夫・岡村真由美 出版社 株式会社秀和システム 価格 1,400円(税別) ISBN 978-4-7980-3089-0 若年認知症の臨床(2007) 著者 宮永和夫 出版社 株式会社新興医学出版 価格 5,500円(税別) ISBN 978-4-88002-670-1 若年認知症 本人・家族が紡ぐ7つの物語(2006) 著者 宮永和夫(編集代表)、若年認知症家族会 彩星の会(編集) 出版社 中央法規出版株式会社 価格 1,800円(税別) ISBN 4-8058-2713-0 若年認知症とは何か 「隠す」認知症から「共に生きる」認知症へ(2005) 著者 宮永和夫(監修)、若年認知症家族会 彩星の会(編者) 出版社 筒井書房 価格 1,500円(税別) ISBN 4-88720-477-9 若年期の脳機能障害介護マニュアル(2000) 著者 若年痴呆研究班(編集)、宮永和夫(班長) 出版社 株式会社ワールドプランニング 価格 2,667円(税別) ISBN 4-948742-37-6. 市民の安全・安心を支える医療を提供します。 皆さまどうぞよろしくお願いいたします。 南 魚沼市には市立の「ゆきぐに 大和病院」もある。 医療を提供する私たち職員も、自己学習や研修等を通じで医療の質を確保する努力をすることが使命と思っています。 4.疾病予防をめざす医療(予防・先制医療)をめざします。

次の

病院事業管理者のあいさつ

ゆき ぐに 大和 病院

。 [注]受付時間の欄に「予約制」と記載されている科はお電話によりご予約を承ります。 私たちの病院は、地域に住む人たちの生活の安心・安全を医療の面から支えることが最大の目的です。 (平成6年)• (昭和56年)• (隣接する医療機関)• (平成2年)• (平成27年)6月にが隣接地に開設、同年11月に南魚沼市民病院がに140床で開設、ゆきぐに大和病院は40床に減床された。 2020年1月29日閲覧。 (昭和50年)• これは、患者さま本人と家族を含めた事例検討やカンファレンス等を通じて、情報の共有と多職種の連携体制を作ることです。 関連項目 [ ]• これこそが、地域包括医療の原点であり、全人的医療の実践と思っているからです。

次の

南魚沼市立ゆきぐに大和病院

ゆき ぐに 大和 病院

2020年1月29日閲覧。 このため、多職種からなる医療チームは、患者さま本人の情報を共有しながら、本人と家族の方々への身体的、精神的、社会的な支援(QOLの向上)を行うつもりです。 頑固なまでに直営方式を採用 し続けるという。 国民病であるガン、認知症、生活習慣病などの早期発見・予防の事業を通じて、市民の方々の健康寿命やActive Ageing(社会参加する年齢)を高めるために、健康で長生き、また、もし病気を持っていても共に支え合い、共に生きる街作りの支援をしてゆきたいと思っています。 [注2]毎週ではありません。 2020年1月29日閲覧。 4月:の居宅介護サービス事業者・施設サービス事業者の指定• 2月:病院増改築、「 国民健康保険町立ゆきぐに大和総合病院」に改称(200床)• 雪国であるがゆえに四季の変化がダイナミックで、季節の移ろいを五感で感じることができる風光明媚なところです。

次の

院長のあいさつ

ゆき ぐに 大和 病院

前者は小千谷市魚 沼市医師会や新潟県労働衛生 医学協会、学校法人北里研究 所が設立者となった「一般財団 法人魚沼市医療公社」が、後 者は県や圏域内の自治体が設 立者となった「一般財団法人新 潟県地域医療推進機構」がそ れぞれ指定管理者となる。 3月:大和病院一般病床45床に増床 診療科等 [ ] 外来診療• (昭和55年)• (昭和63年)12月には健康館「草楽堂」が完成、翌年5月には検診棟「健友館」が完成した。 7月:病院199床に減床• (平成30年)• また、医療の基本原則たる「患者さまのため」のこころを忘れずに、2つの病院供に全人的でオンデマンドな医療を引き続き推進してゆきたいと思います。 南魚沼市民病院. (昭和58年)• 項目とともに、内容をご理解いただくために若干の説明を加えました。 南魚沼市立ゆきぐに大和病院. その一環で県立から南魚沼市立に衣替えする六日町病院だが、現病院の隣接地に改築され、来年6月に魚沼基幹病院と同時の開院を目指している。

次の

南魚沼市立ゆきぐに大和病院

ゆき ぐに 大和 病院

12月:魚沼地域「八色園」開設(県下で7番目)• 新大和病院を担当させていただきます松島です。 同病院に よれば、「(基幹病院等の開院 後)当面現在の建物を利用し、 40 床で運営する計画を進めて いる」という。 2. 患者さま中心の医療・個人差に配慮した医療(オーダー・メイド医療)を提供します。 火曜日から金曜日の14:00から16:00に内科で予約を受け付けます。 11月: 大和町国民健康保険診療所開設(6床)• 魚沼市立小出病院や魚沼基 幹病院は指定管理者制度が導 入される。

次の