ブロー ウィン 140s。 ~閖上フィッシングライフ~:晩秋ナイトサーフゲーム!

BlueBlue ブローウイン140S 「Blooowin」 :BlueBlooowin140S:ルアーショップYOSEMIYA

ブロー ウィン 140s

数多くのドラマを演出。 関連する記事がありますので参照ください。 商品は、元払いで発送願います。 魚種:• 4度目の正直なので超強引に、今度は竿を思いっきり立てて、ソッコーで浮かせました。 2020年4月23日 20:09 - [FISHING JAPAN]• 他のフィッシュイーターにも有効ルアー 実は、シーバス以外にも 青物やヒラメなんかが釣れたりしました。 ウェイト球の揺れによる失速を最小限に抑える設計に成功、逆風や強い横風にも安定した飛行姿勢を維持し、飛距離を稼ぎます。 まぁ、こういったジャークベイト?は本来そういう物らしいので当たり前といえば当たり前なのですが… それでも、この アクションで魚が当たってくるのは本当に快感で、なんか魚にルアーを喰わせたって感じが満載です。

次の

TOMの釣れないサーフ釣行記

ブロー ウィン 140s

あらゆる魚種に効くダブルアクション:大きなS字を描きながら力強いウォブンロールアクションを出すダブルアクション。 06 魚を捌いていたら、背びれが親指と爪の間に刺さってとても痛い思いをした、たかっぺです。 140mmミノーにありがちな大味なアクションでは無くしっかりと釣れる性能を作り込めば支持してくれるユーザーは多いはず! そんな思いで試行錯誤の日々。 そしてコムさんにも2匹目のシーバスをキャッチし、 こちらもシンペンでのヒットとのようでした! 残すは自分のみ、若干焦りも出ていた中で・・・ 目黒さんからブローウィン140S(シャローチューン)をお借りすることにしました。 もちろん魚の反応も変わってきます。

次の

圧倒的な釣果をたたき出すブローウィン140Sはもはや生き物!

ブロー ウィン 140s

ドリフトかゆっくり巻く、がベストかと思います。 ブローウィン140Sは優秀なルアー 春先のヒラスズキ釣行では、12㎝から16㎝程度のミノーやシンキングペンシルをもって出かけますが 先発からこのブローウィン140Sを投入しています。 水の色がクリアでも濁っていても釣れる万能型。 綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ• 程よく白波が立ち、タイミングによっては 波が穏やかになりヨレが出ている場所を見つけました。 私TOMも自分なりではございますが、感染拡大防止に努め、一刻も早いコロナ終息を願っております。 140S。 僕のキャストが下手というのはあるかもですが。

次の

ブルーブルー Blooowin! 140S(ブローウィン!140S) 【シーバスルアー専門店 キングフィッシャー】

ブロー ウィン 140s

さっきまでの話と矛盾しますが、要はやたらとアクションをつけるのではなく、 「使い所を間違えなければ釣れる」というわけです。 隣で投げサビキをやっているアングラーが尺アジと50センチくらいのヒラスズキを釣っていました。 まずは活性が高く手前まで寄って来ている魚を狙ってミノーで攻め、開始後すぐに ナイトサーフの主役 サイズは小さい45センチのシーバス ルアーはブローウィン165f 幸先よくスタートしたので連発するかと思えば暫くムハン状態。 釣り開始約30分くらい 隣でhiroさんがソゲを上げる。 行く先が限られる磯場では、飛距離と高い位置からでもルアーが泳ぐ水噛みの良さが必要でして このブローウィン140Sは、シンキングで早巻きをしてもバランスを崩さなく、とても使いやすいのが大きな特徴ですね。 伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。

次の

TOMの釣れないサーフ釣行記

ブロー ウィン 140s

去年はブログタイトル通りなかなか釣れないブログでしたが沢山の方々に御愛読いただき私TOM心より感謝申し上げます。 ・代金引換(後払い)、銀行振込(前払い)、郵便振替(前払い)、クレジットカード払いからお選びいただけます。 管理人はよくアゲンストの中でルアーを操作することが多いので、飛距離が出るのはありがたいですね。 だって2000円以上するから高いんだもの。 今日の海は濁りがキツめ、魚の居るポイントも近いだろうと予想しルアーは白いワームをセレクト。 この左右に頭を向けて動く、レンジを一定に保てる、というルアーは割と無かったりします。 ルアー潜度:• 楽天ID決済 楽天スーパーポイントがご利用いただけます。

次の

ブローウィン140Sでヒラメ。

ブロー ウィン 140s

そんなコンセプトから開発されたブローウィン140S。 カメラの前で解説しながらやっているうちに、なんとなく感覚がヒラスズキのモードになっていて、撃つところが完全にヒラ狙いに。 カメラの前なので少し舞い上がっていて、マルを狙う釣り方の話をしつつ、ヒラが出る釣り方をする、という違いを自覚しつつも、くすぐったい感覚のまま続けていると、ドカンと足元でバイト。 サーフは徐々に波が高くなる予報ではあったのですが、潮位の影響もありまだ釣りになるくらい。 強い波動のコンビネーションで大場所でもリアクションバイトを誘います。

次の