フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品。 フロン排出抑制法施行について

フロン排出抑制法について

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

【登録の更新について】 第一種フロン類充塡回収業者は、登録を受けてから 5年ごと(登録の有効期間満了日までに)に登録の更新 を受けなければ、その登録の効力は失われます。 点検・修理のために必要な作業空間の確保• (平成26年経済産業省・環境省令第7号)(外部リンク)• 主に、引取証明書の写し(または確認証明書の写し)でフロン類が回収済みであることを確認したときや、第一種フロン類充塡回収業者として自らフロン類を回収するときは引取ることができます。 )を発注しようとする第一種特定製品の管理者( 「特定 解体工事発注者」といいます。 保守・修繕の責務を所有者以外が負うとされている場合はその契約書などで書かれている人 となります。 「第一種フロン類充塡回収業者」は、回収したフロン類について、自ら再生する場合等を除き、「第一種フロン類再生業者」又は「フロン類破壊業者」に引き渡す必要があります。 管理者が取り組む措置• フロン類算定漏えい量報告・公表制度に関する内容は、ヘルプデスク 03-6705-6143 (平日9時30分から17時30分、株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部内)へお問い合わせください。

次の

フロン排出抑制法(改正フロン法)施行に伴う空気圧縮機・関連機器の扱いについて:空気圧縮機・関連機器:日立産機システム

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

製品外観の損傷、腐食、錆び、油にじみ• 業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器を所有 管理 している方は,定期点検などが義務付けられています。 フロン類は、化学的にきわめて安定した性質で扱いやすく、人体への毒性が小さいことから、エアコンや冷蔵庫などの冷媒用途をはじめ、断熱材等の発泡用途、半導体や精密機器の洗浄剤、エアゾールなど様々な用途に活用されてきましたが、 オゾン層破壊 や、 地球温暖化 といった地球環境への影響が明らかにされ、 より影響の少ないフロン類や他の物質への代替が進められています。 (平成26年経済産業省・環境省告示第13号)(外部リンク) Q&A等• (外部リンク) フロン類の算定漏えい量の報告 1年間(4月1日~翌年3月31日)のフロン類の漏えい量が、事業者全体でCO2換算で1000トンを超えた場合、管理者は漏えい量を国に報告する必要があります。 行程管理票の取扱い 廃棄時に交付する書面の種類 廃棄時に交付する書面には、以下の種類があります。 掲載内容:登録番号、事業者名、登録日、登録有効期限、事業所名、事業所所在地、事業所電話番号、充塡・回収の対象とする第一種特定製品の種類等及びフロン類の種類• 3ヶ月に1回以上の簡易点検 全ての業務用エアコン・冷蔵冷凍機器の簡易点検を、3ヶ月に1回以上実施しなければいけません。

次の

第一種特定製品とは

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

)が完了してから、解体工事に着手してください。 廃棄しようとする特定製品にフロン類が充填されていない可能性がある場合、第一種フロン類充填回収業者に確認作業を依頼し、フロン類が充填されていないことを示す確認証明書を受け取り、3年間保管してください。 イ 他の設備等を管理する第一種特定製品に近接して設置する場合は、この管理する第一種特定製品の損傷その他の異常を生じないよう必要な措置を講ずること。 ・簡易点検の詳細については、環境省・経済産業省が策定したガイドラインである「簡易点検の手引き」を参照して下さい。 なぜならば、法律上、解体工事を発注しようとする者 工事発注者 から解体工事を請け負おうとする建設業者 解体工事元請業者 が第一種特定製品の設置の有無を確認し、その結果を工事発注者に説明することとなっているからです。

次の

(一般社団法人)日本建設機械工業会

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

3 廃棄物・リサイクル業者への機器の引渡し フロン類が回収されていることを確認し、廃棄物・リサイクル業者に機器を引渡してください。 ただし、自動車リサイクル法の対象外となる大型・小型特殊自動車のエアコンディショナーや、冷凍冷蔵車の荷室部分の冷凍・冷蔵ユニットのうち業務用であり、フロン類が充塡されている機器は第一種特定製品となるなど複雑になっています。 多くの機器を所有されている管理者の方に最適です。 振動原を周囲に設置しない• 機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力 定期点検の頻度 7. ・漏えい量は追加充塡した総量を漏えい量とみなして算定します。 1MPa 高圧ガス(常温の温度での圧力が0. 違反した場合、行政処分のみならず刑事罰(50万円以下の罰金)の適用対象となります。

次の

環境省_フロン排出抑制法

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

03MPa 高圧ガス(常温の温度での圧力が0. 点検対象者 業務用空調機器・冷凍冷蔵機器をご使用の管理者 (「管理者」とは、原則として、当該製品の所有権を有する企業・法人が該当します。 フロン類の回収依頼書・委託確認書の記載不備や虚偽記載の場合も同様です。 法に基づく定期点検の対象及び点検頻度は次のとおりです。 輸送用冷凍冷蔵ユニット 冷凍車の冷凍室の冷却装置など。 発泡液で確認• 機器の運転状況などの記録などから判断 等 3 直接法• 経年劣化により、読めなくなっている場合はメーカーさん・空調屋さん等に確認しましょう。 【広島県】• 第一種フロン類充填回収業者からの引取証明書(原本)の一定期間内の未受領,虚偽記載に関する県への報告。 (一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構) 神奈川県内の登録事業者一覧 神奈川県で登録を行った第一種フロン類充塡回収業者の名簿です。

次の

業務用エアコンの簡易点検・定期点検について

フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品

これらの書類を保存していることがフロン類の回収をきちんと行った証拠になります。 家庭用のエアコンディショナーについては、「」によって回収が義務付けられています。 (外部リンク)• (環境省・経済産業省ポータルサイト)• Q 71 都道府県知事が漏えい者として報告する場合、報告先の事業所管大臣はどこになるのか。 フロン排出抑制法関係法令• 機器周辺の清掃をおこなう。 「管理者とは機器の所有権を有するもの(所有者である)」とありますが協会などでリース:使用者 レンタル:レンタル会社 割賦販売:使用者とあります。

次の