クリス トロン リンクス。 【環境食い込み】純正クリストロンがまじで強くて宇宙すぎる件【遊戯王デュエルリンクス】【Yu

全ての水晶機巧使いに捧ぐ。強化実装後クリストロン展開ルートまとめ【Crystals Crystrons】

クリス トロン リンクス

《》へのアクセスが今まで以上に難しくなるなど、多少なりとも影響は受けている印象。 展開よりもライフを削りに行くことを念頭に置いてデュエルした方が良いです。 盤面に残るものは太字、良いルートは赤字で示しています。 『頑張ってジェム全つっぱしたけどこのデッキめっちゃ弱い・・・』 とか 『強いデッキ作ったけど規制されてデッキ無くなった・・』 とか 『新しく登場したデッキ強すぎる・・』 とか 『そもそもジェム足りなくてデッキ組めずに終わった』 とかありえるんです。 KC後のコメントになってしまいましたが試してみたいと思います!ありがとうございます。

次の

【デュエルリンクス】水晶機巧(クリストロン)デッキレシピ【キング帯で勝率70%】

クリス トロン リンクス

当然新しく登場したカードの方が強いことが多いですし、新しいギミックは使いたいのがデュエリストの本能ですよね。 打点も高く、を封じられた際の打開策として検討してみるといい。 でもこれは出来るプレイヤーと出来ないプレイヤーがいます。 受け継がれる宝玉 1ターンに1度、手札を1~3枚墓地へ送って使用できる。 取れないといわれていますが、立ち回り次第では勝ちに行けます。 流石現代遊戯王のカードということもあり、リンクスで破格のスペックを持った【空牙団】は登場後即座に環境入りし、長期間多くのプレイヤーを苦しめました。 したにはのはできないがにする分には問題なく、にすればそのもほぼ気にならない。

次の

クリストロンの動きを徹底解説 ~過剰な展開例を添えて~

クリス トロン リンクス

クリストロンの新規 さて、クリストロンの新規ですが何が実装されたのかといいますと、モンスターカードと罠カードの2種類があります。 に入れられるには中のに縛りがあるため、以外のをする場合にはこのを経由することになる。 時に・の全てをするを持ち、大きなを狙える。 キーパーツが複数のパックに渡って収録されているとカード収集難易度が跳ね上がるので出来るだけ1つのパックで集まるテーマを選びましょう。 手札に来ると弱いので1採用。

次の

遊戯王カードWiki

クリス トロン リンクス

ただ、怖いのはスペルスピード3の。 はのをするを持つものが多いため、 2 のともが見込める。 強いデッキ、勝てるデッキが知りたい A. のだけでも2〜8と幅広いが可能である。 先行有利。 などのの高いを少量採用しておけば 1 のも活かせる。 をすればとしつつ即時あちらのを使用できる。 その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。

次の

【DUEL LINKS】ブラックマジシャン3積みを許さない、キャラデッキ過激派によるAI遊戯vs海馬!イベント攻略【究極のキャラデッキ】ゆっくり実況

クリス トロン リンクス

後者は4以下限定だがが無く、のを上げられるため高のがやりやすくなる。 1. ありがとうございます。 このと相性の良いの 1 のでできる群。 をしないのでアメトリクスも効かない。 私はリアルカードをメインに活動している遊戯王プレイヤーなのですが、その片手間でデュエルリンクスをポチポチ楽しんでいます。 下記の「場合にを稼げる」にも該当する。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】クリストロンのデッキレシピ|回し方と対策を紹介

クリス トロン リンクス

でした場合も採用する次第で幅広いと非を出来るため、更なるも行える。 デッキ20~30枚• ) ちなみにアメトリクスは、シトリィ+虎だったり、亀+リオンでも構いません。 なので、にが存在していても共通のにすることでのに繋げる事ができ、にくい。 守りを意識。 であるやをして複数回のが行えるなど、以外のをさせてもいいだろう。 を倍加するによりを迎え撃ちやすく、後半のもとの混合構築で活きやすい。

次の

【デュエルリンクス】古代の機械&水晶機巧(アンティークギア・クリストロン)デッキレシピ【キング帯で勝率64%】

クリス トロン リンクス

デッキ誰々のパクリコメントについては以下の点をしっかり 考慮した上で発言願います。 — がりす。 DuelLinks gallis324 38勝。 よく 「クリストロンの回し方・立ち回りが分からない、教えてください」「する、時間が足りない」との声を多数いただくのでここで回答したいと思います。 装備カード特にガーディアンの力を付けられるとキツイ。 本記事では『TCGプレイヤーを利用しよう』と言いました。 今強いだけでなく、将来性もあるデッキの方が長く使えてお得です。

次の