ドコモ ケータイ 補償 センター。 ドコモ ケータイ補償サービス解約

ドコモ|新型iPhoneへ機種変更時に入るべきスマホの修理補償・保険

ドコモ ケータイ 補償 センター

ケータイ補償サービスはいつでも加入できるわけではないので、加入したい方は必ず確認してください。 旧端末の送付は必ず10日以内に• ドコモショップ• その場合、ドコモのケータイ補償サービス for iPhoneを利用するとします。 Apple製品について詳しくなかったり、使い方に不安があるという人はテクニカルサポートが付いているAppleCare+ for iPhoneの方がいいでしょう。 ドコモオンラインショップでのdポイント2倍やdカード特約店でのポイント還元を利用するためにとりあえず作っておいても損はありません。 ・新しいスマホ本体(もちろんバッテリー内臓) リフレッシュ品とはいいながら、本当に新品のようです。 リフレッシュ品は完全な新品ではありませんが、 消耗品であるバッテリーが新品になるのが最大のポイントです。 こうして考えると補償は確かに助かるけど、修理で考えると 身近にこういう店舗があるのなら、そこで済ませたほうが 安いですね。

次の

【ドコモ】問い合わせ電話番号~ケータイ補償お届けサービスセンター~

ドコモ ケータイ 補償 センター

これはアンドロイド、iPhone、iPadが対象となります。 端末を購入した当日以外は、電話やドコモオンラインショップを利用するとケータイ補償サービスに申し込めます。 スマホ・ガラケーを新調してから次の機種に買い換えるまでに必ず壊してしまったり、トラブルに遭うことが多いという人は入っておいた方が安心でしょう。 補償サービスの名称や詳細については、2013年夏モデル以前は「ケータイ補償 お届けサービス」、それ以降は「ケータイ補償サービス」とで異なるようです。 対象機種 iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s iPhone 5c 月額料金 750円 600円 500円 サービス利用料金 11,000円 7,500円 ケータイ補償サービスのサポートの受け方 iPhoneの故障や紛失の際には、以下の手順でサポートを受けられます。 もう少し具体的に言うと、iPhoneの場合はとにかくシンプルで、 水濡れ・紛失など、修理不能時の交換対応としてのみケータイ補償サービスは利用可能です。

次の

【ドコモ】問い合わせ電話番号~ケータイ補償お届けサービスセンター~

ドコモ ケータイ 補償 センター

そんなとき補償サービスに入っていれば、被害が最小限で済みます。 私もバッテリー交換で修理に出した時にはアンドロイドで違和感がありました笑 買い替えるとなるともっとお金がかかりますが リフレッシュ品にできるのであればこれまでに支払った補償の金額分よりもお得に機種を使えるかもしれません。 ケータイ補償サービスは解約してしまうと再加入できません ケータイ補償サービスは一度解約してしまうと、同じ機種では補償を再度つけることができません。 71件のビュー• 対象は電話機本体のみです。 補償対象内の故障であれば、修理受付終了まで無料となっていて 補償対象外の故障においては、上限3000円までサポートが受けられます。 全損・紛失時には、機種を再度購入しなければなりません。

次の

ドコモケータイ補償サービス「解約してしまった」は危険!必要性をよく考えるべき理由

ドコモ ケータイ 補償 センター

サービスセンターに連絡し、 27日~28日にリフレッシュ品の交換の携帯を郵送される様ですが、 旧電話機の郵送の送付に関してサービスセンターの方に うっかりして、聞き忘れたことがありました F-06Bを購入して今は1年1ヶ月ですが、 購入してから1ヶ月でボタンがはずれ始め半年前には25枚のボタンすべて外れてしまうことがあり、 修理にいかずに自分で両面テープや接着剤で貼り付けていました いま、5枚が外れているのですが ボタンは持っています。 ここに魅力を感じるのか?そうでないのか?で必要性を判断してみてはどうでしょう。 絶対にドコモショップでmicroSDカードを買っちゃダメ! なぜなら スゴく高いからです。 この「申し訳ございませんが、My docomoでお手続きを完了できません。 これにより、2017-2018年冬春モデルのdocomo with対象機種を購入した場合のケータイ補償の月額料金は今までよりも安くなり、補償による交換を実施する場合の料金も安くなります。 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥です。 「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」をお申込みなら、月額料金合計から380円(税抜)引きでご利用になれるサービスパックです。

次の

【ドコモ】ケータイ補償サービスを使って携帯電話(スマホ)を修理する申請方法

ドコモ ケータイ 補償 センター

My docomoからの申込で割引になる ケータイ補償サービスでは「WEB割」と呼ばれる新しいサービスも提供開始となります。 通常水没、全損の場合は修理がきかず、買い直しになるが、当サービスの利用者は本人負担額の支払いだけですむ。 。 ドコモのケータイ補償サービスの加入時に注意したいこと ケータイ補償サービスは端末の購入から14日以内に申し込みしなければならないため、端末を購入したらすぐに加入の有無を検討する必要があります。 月額料金 自己負担額 スマホ・タブレット 月額500円コース 7,500円 月額750円コース 11,000円 月額1000円コース 11,000円 ドコモケータイ 月額330円コース 5,000円 スマホかタブレットの場合は月額料金が3コースありますが、自分でコースが選べるわけではありません。 4時間以内に交換電話機が届くエクスプレス配送も! 1日~2日以内に交換電話機が届くと冒頭で述べましたが、4時間以内に交換電話機が届くエクスプレス配送というサービスも利用することが可能です。 つまりユーザー責でない端末故障であったとしても、数万円の修理代金が発生する可能性があるわけです。

次の

お問い合わせ

ドコモ ケータイ 補償 センター

この作業は必ず実施しないと、かなり大きな 違約金が発生してしまいますので要注意です。 でも仕事の都合、しばらく代替機で過ごすなんて考えられません。 またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。 利用できるサービスは以下の通り。 ケータイ補償サービスは修理代金の一部を補償するだけで自己負担あり 破損、故障、全損 水濡れ 盗難、紛失 バッテリー交換 これらがドコモケータイ補償サービスの補償内容になり、 故障や破損をした場合は修理を依頼するかリフレッシュ品 新品ではありません と交換してもらうかを選択できます。

次の

ドコモのケータイ補償サービスを徹底解説!対象サービス・料金プラン

ドコモ ケータイ 補償 センター

インターネットからの申し込みも可能ですが、電話で申し込みした方が故障内容を手っ取り早く理解してもらえるので、話が早いです。 (税抜) 違約金の表 ケータイ補償サービス(2019年5月31日までのお申込み):330円 40,000円 ケータイ補償サービス(2019年5月31日までのお申込み):380円/500円 60,000円• 続いては経済的なメリットです。 (定期クレジット) 適用範囲も家族カードと紐付け、または代表回線がdカード・dカード GOLDを支払い設定にしている一括請求グループに入っている子回線まで適用されるので、家族みんなで解約金なしでドコモが利用できます。 対象プラン:「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」(2年定期契約なし)• 通常だと100円につき1ポイント貯まるdポイントが100円につき2ポイント貯まります。 ・ 10日以内に返送しないと違約金が発生する。 利用中断後、紛失届/盗難届を警察に出したなら、ドコモショップ(iPhone の場合はAppleストア)に出向き、dカードケータイ補償の利用を申し出ましょう。

次の

ドコモのケータイ補償サービス/ケータイ補償お届けサービスでスマホを交換した記録

ドコモ ケータイ 補償 センター

しかし 「問題なく快適に使えるスマホならどれでもいい」 という方はリフレッシュ品を視野に入れてもいいのではと思います。 知りたい問い合わせ先を、検索バーに入力して探してみてください。 補償内容を考えると妥当なお値段かと。 税抜950円/月(24か月) iPhone X 税抜700円/月(24か月) iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus 税抜617円/月(24か月) iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6s、iPhone 6 税抜534円/月(24か月) iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c 過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを2回まで受けることができ、1回につき、画面損傷は3400円(税別)、そのほかの損傷は11800円(税別)です。 返送しない場合40,000円 税抜 の違約金がかかる。

次の