スタンサー スノーボード。 【スノーボード】衝撃の結果!?「スタンサー」で推奨スタンスを測ってみたよ

【スノーボード】衝撃の結果!?「スタンサー」で推奨スタンスを測ってみたよ

スタンサー スノーボード

アンクルストラップ・トゥーストラップの調整(おまけ) ブーツを履いて、ビンディングを締めたときに、ストラップ(アンクル・トゥー)の中心とブーツの中心が合うように、長さの調整をしておきましょう。 さぁ、いよいよスタンサーの導き出したセッティングのパフォーマンスを検証だ。 (パフォーマンスも落ちるかも・・・) ストラップの長さの調整は、赤丸のネジを外し、取り付ける穴の位置を変えるだけです。 ただ、さすがに今から、グーフィースタンスに変更する気はありませんが、1回ぐらいは試してみようかな?と企んでいます。 舞子で以前の設定に戻したのですが、18-6の方がいいかな?と。 それぞれ身体の特徴にあった立ち位置でセッティングすることがスノーボードを安全に上達するための近道であるというのがSTANCERの考え方です。 しかし、スタンサーの膨大なデータから導き出している値なので、これからのセッティングのヒントにはなりそうです。

次の

細かなことが大事だった!技をきめるために必要なことを教えてもらいに行ってきた

スタンサー スノーボード

まずは必要な項目を入力。 したがって、自分にぴったりな角度を見いだせれば滑りやすさや快適さにつながります。 今回は以前より6度も開くことになったのだが、スタンサー後15日以上滑っても全く問題なし。 どんな測定結果が出るにせよ、「なるほどね~」って感じで、参考程度にして、スルーするつもりだったんですが、どうしてもスルーできないポイントが・・・ それは、 推奨スタンスが、「グーフィースタンス(右足を前にするスタンス)」 ってところです。 たかがスタンス幅、されどスタンス幅なのです。

次の

STANCER(スタンサー)やってみたよ

スタンサー スノーボード

広い! 広いと思っていた60cmでも意外と滑ることは出来る。 レベルがどうであろうと、ある程度のギア調整のための基準値を出しておいた方がいいですし、グラトリでも失敗が起きづらくなるのでおすすめです。 年齢的な問題もあり、ハーフパイプをやることはなくなったけど、その日の雪のコンディションやゲレンデの特徴などによって、そのときベストなスノーボードライフを楽しんでいる。 ダックスタンスのグーフィー野郎の推奨スタンスは想像もしなかった結果に! フリースタイルボードでゲレンデをフリーライディングすることもあれば、ハードブーツを履いてアルペンボードにも乗るし、パウダーボードに乗ってバックカントリーに出向くこともある。 スタンス幅 普段:56cm 結果:60cm ダック推奨 アングル 普段:前足15度 後足-12度 結果:前足15度 後足-12度 スタンス幅だけが違います。 スノーボードは、ボード上に両足を固定した状態で行うスポーツです。

次の

スノーボード初心者におすすめのビンディング角度は?ゼビオでスタンサー測定してみた!

スタンサー スノーボード

スタンス: 51cm• スタンス幅が広ければ安定はするけど膝に負担がかかると思っていたので、普段のスタンス幅は少し狭めの56cmで滑っていました。 その理由は セッティングが変わっているのに同じ体重の乗せ方 加重・抜重 や滑り方が原因です。 ブーツは特に、ヘタった物から硬めの新品ということで、かなり変化がありました。 カービング自体はスノーボード必須スキルですが前フリにすることで深いカービングを意識した練習ができる角度です 慣れれば角度をきつくして前27度、後12度などうまい人や憧れの人のセッティングを真似してみることになると思います 自分に最適なビンディング角度が知りたい 自分の滑りたいスタイルの定番の数値に合わせれば変化を感じることはできると思います しかし人間の身体には個人差があり最適のセッティングというのはバラバラなので自分のベストアングルというのは長年の調整によって見つけなければいけません そこをすっ飛ばして最適なアングルを測定してくれるスタンサー測定サービスがゼビオで受けられるのでおすすめします! スポンサーリンク スポーツゼビオ各店舗で受けられる スタンサー測定やってみた 近くのゼビオにてスタンサーを体験してきました! 1000円で受けられるので気軽に試せます! 僕の場合前フリだとレギュラースタンスで左12度右9度が適正の数値だそうです これは一番ニュートラルなポジションということなので深いカービング向けにこの比率に合わせてもう少し角度をつけたりしてもいいそうです ダックスタンスだと左15度右-12度となっています スポンサーリンク スタンサー感想 計測して推奨値のとおりにビンディングを板に取り付けました! 実際に滑ってみた感想は• (足も痛くなりづらいですよ~) 【オススメモデル フラックス DS】. ディスクの目盛りに合わせ、 前後方向もセンターに合わせる 文字が小さくて大変です… スタッフさんが見てくれたら良いのに… ロックを外し、足を内側と外側に回転させます。 ちゃんと選択肢を確認しましょうね! また、ライディングスタイルという欄も趣味嗜好という入力項目があったようなのですが、こちらも ビギナーと入力されてしまいました。 いまのところ、• 気になっていたスタンサーやってみました! スタンサーについての説明は省いて下が僕の推奨スタンスとアングルです。

次の

STANCER(スタンサー)やってみたよ

スタンサー スノーボード

しかしながら、ここまで左足を外にふってしまって、滑りのベースとなるグーフィースタンスでの滑走が、今以上に安定するのか!? ……正直、不安しかないし、むしろリフトに乗っているとき、いまのスタンス角度では右足首や膝に負荷が掛かって痛いので、左足を外側に向けるのではなく、できることなら右足首の角度をもっと外側に向けろ! という診断結果が出ることを期待していたのだが(苦笑) 果たしてスタンサーが導き出したスノーボードの推奨スタンスは正しいのか!? ゲレンデに行って事実を確かめてみたい。 【センタリングの調整を行った場合】 つま先とかかとが、同じぐらい出ている状態が理想です。 また、左右の角度差が大きいと膝を痛めやすいというのが一般的な常識だと思う。 たしかにヒールサイドものすごく調子いいのですが、もう少し遊びながら滑りたい僕にとっては合わないセッティングでした。 例えば、レンタルのギアは、レンタル屋さんの独断と偏見で見繕われていて、「お客さんはこれくらいの身長だから、これとこれかな」と出している場所が多いです。 利き足を前にしたとき足幅が狭いとバランスを崩してしまいますが、適正なら滑りやすいというのを身をもって感じられます!足幅が広い方がバランスをとりやすいし、体勢も立て直しやすいのでマスターしておいて損はない技です。 今のプロの設定だと、あまり後ろは角度付けないんですよと。

次の

【スノーボード】衝撃の結果!?「スタンサー」で推奨スタンスを測ってみたよ

スタンサー スノーボード

逆にカービングやフリーランをする方は膝のバネが必要になるので、幅は狭め出ないとやりにくい。 スタンサーのポテンシャルに驚きつつも、納得いくまでテストを繰り返す。 前そこまで角度付けない方が良いと言われ、とりあえず18-0あたりで様子見ようと思います。 急斜面など負荷の厳しい時は無いとしんどい• 早速スタッフさんにお願いして測定してもらいます。 長年変えてなかったセッティングを見直すいい機会になったので、そういう意味ではスタンサーおすすめです。

次の

滑りを変える!ビンディング(スノボ)の正しいセッティングのしかた

スタンサー スノーボード

(笑) 興味があれば、あなたもお試しを。 今回スタンサーを試した理由は自分の基準を計測したかったからです! 【実測】数分で計測完了 スタンサーのある店舗に行き、スタンサーに乗って計測して数分… 自分の体の特徴が数値としてプリントアウトされます。 。 ここらでベストは幅と角度をひとつ答え出したいなーと思うのですが…なかなか難しいですよねやはり。 何人かのスキーボーダーにも測定してもらっているのですが、やはり可動域が広い方ほどオープンレッグを得意にしている様子で、私はおそらく平均的な可動域なのですがやや左が固いのでオープンレッグはできたことがありません。 バインディングはバートンのジェネシスを使っています。

次の