パブロン キッズ。 パブロンキッズかぜシロップ| 製品詳細

【かぜ薬】「パブロンキッズ」シリーズの違いと選び方

パブロン キッズ

効能・効果 かぜの諸症状(せき、鼻みず、発熱、のどの痛み、くしゃみ、たん、鼻づまり、悪寒(発熱によるさむけ)、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和 用法・用量 添付の目盛付コップで次の量をはかり、1日3回毎食後、及び必要な場合には就寝前に服用してください。 熱・せき・たん・鼻みず に有効な成分が配合された商品となっています。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 食後にこだわらずに服用させましょう 用法・用量には、 なるべく 食後に服用と記載があります。 「パブロンキッズ」シリーズには、シロップ・粉・錠剤と3種類の剤形で販売されています。

次の

パブロンキッズかぜシロップ| 製品詳細

パブロン キッズ

5ml ・6カ月~1歳:1回6ml ・3~6カ月:1回5ml ・3カ月未満:服用NG 1日6回まで服用可能 <特記事項> 子供が飲みやすいようにいちご風味 パブロンキッズかぜ微粒 <有効成分 3包中 > ・チペピジンヒベンズ酸塩:12. 小さいお子さんがいるご家庭のお父さん・お母さんは、万が一の時に備えてどのような形状の薬なら自分の子供が服用できるか、一度考えてみられてください。 2mg 抗アレルギー剤 ・アセトアミノフェン:150mg 解熱鎮痛薬 <効能・効果> 「パブロンキッズかぜシロップ」に同じ <用法・用量> 1日3回なるべく食後に、以下の用量を服用 ・11~14歳:1回4錠 ・7~10歳:1回3錠 ・5~6歳:1回2錠 ・5歳未満:服用NG カテゴリー• また場合によっては、約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。 5mg 鎮咳去痰薬 ・グアイファネシン:100mg 鎮咳去痰薬 ・クロルフェニラミン:1. 3mg クロルフェニラミンマレイン酸塩 2. 夜、寝る前に服用させるのも一つの手 お子さんは夜間に熱が上がったり、鼻が詰まったりすると機嫌が悪くなることもあろうかと思います。 1回量 3~6才10ml 1~2才7,5ml 6ヶ月~1才未満6ml 3ヶ月~6ヵ月5ml 3か月未満 服用しないこと 成分 60mL中 デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 16mg グアイフェネシン 83. お子さんは錠剤を服用できますか? まずは錠剤が服用できるかどうかです。 5mg 鎮咳去痰薬 ・グアイファネシン:100mg 鎮咳去痰薬 ・クロルフェニラミン:1. 5mg アセトアミノフェン 300mg 添加物:白糖、スクラロース、安息香酸、パラベン、クエン酸Na、クエン酸、黄色5号、香料、バニリン. 次に粉薬が服用できるかどうかです。 このような状況を想定すると、夜寝る前に薬を服用させることも一つの手段かと思います。

次の

【かぜ薬】「パブロンキッズ」シリーズの違いと選び方

パブロン キッズ

錠剤を服用することができれば、一番手っ取り早いですが、お子さんが服用できる剤形を選ぶことが大事です。 錠剤が服用できるなら「パブロンキッズかぜ錠」がいいでしょう。 例えば、離乳食前のお子さんに錠剤を飲ませようと思っても飲めるわけがありません。 パブロンキッズかぜシロップ <有効成分 60ml中 > ・デキストロメトルファン:16mg 咳止め ・グアイファネシン:83. 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 「パブロンキッズ」に含まれている有効成分1つ1つは、決して胃腸障害を起こしやすいものではありません。

次の

【かぜ薬】「パブロンキッズ」シリーズの違いと選び方

パブロン キッズ

「パブロンキッズ」まとめ ここまで「パブロンキッズ」シリーズの違いと選ぶポイント・選び方について紹介してきました。 薬を食後に服用する大きな理由は胃腸障害の軽減ということがあります。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 果たして子供が食後満腹の時に薬を服用するでしょうか? また、風邪で食欲そのものがないことも想定されます。 粉薬が服用できるなら「パブロンキッズかぜ微粒」、服用ができないなら「パブロンキッズかぜシロップ」が最適でしょう。

次の

(第2類医薬品)パブロンキッズ かぜシロップ ( 120ml )/ パブロン :4987306047761:爽快ドラッグ

パブロン キッズ

3mg 鎮咳去痰薬 ・クロルフェニラミン:2.。 子供さん用に薬を選ぶときに重要な点は 「どのような形状の薬が服用できるか」です。 「パブロンキッズ」シリーズ基本情報 最後になりましたが、「パブロンキッズ」シリーズ計3種類の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。 私は 食事に関係なく薬を服用しても良い考えています。 5mg 抗アレルギー剤 ・アセトアミノフェン:300mg 解熱鎮痛薬 <効能・効果> かぜの諸症状 せき、鼻みず、発熱、のどの痛み、くしゃみ、たん、鼻づまり、悪寒 発熱によるさむけ 、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み の緩和 <用法・用量> 1日3回毎食後、必要な場合には就寝前に以下の用量を服用 ・3~6歳:1回10ml ・1~2歳:1回7. 詳しくは対象のをご確認ください。

次の

【かぜ薬】「パブロンキッズ」シリーズの違いと選び方

パブロン キッズ

。 。 。 。 。 。

次の