ネリ ロドリゲス。 ネリvsロドリゲス中止 井上尚弥も体重超過に激怒ツイッターで苦言

悪童ネリと対戦 ロドリゲスが井上尚弥から学んだ教訓「次は全く違う姿を見るだろう」

ネリ ロドリゲス

118ポンドで合格したロドリゲスに対して陣営はファイトマネーを上乗せすることを条件に対戦交渉に入った。 こちらも力を示しています。 山中戦の大幅体重オーバー、前回のフアン・カルロス・パヤノ戦は再計量で落としたものの1回目、半ポンドオーバー。 しかもこの試合の勝者は、WBC世界バンタム級王者、ノルディーヌ・ウバーリへの挑戦権を獲得するということで、、ぜひ日本でも見たいですよね。 — 1031. この試合でネリーは15万ドル(約1600万円)、パヤノは2万5千ドル(約270万円)のファイトマネーを稼いだ。 試合は「実質的な世界タイトルマッチ」といえるほど、 スピード・パワーとテクニックで激しく応酬する見応えある攻防が予想されます。

次の

ネリVSロドリゲス戦 バンタム級屈指の好カード!?試合予想します

ネリ ロドリゲス

まずルイス・ネリに関してだが、この選手の持ち味は何と言っても近場での連打。 この件に関しJBCにWBCからの連絡は届かなかった。 どうなるか分かりませんが、次のネリ戦は是非見たいですね。 それよりも個人的には拓真選手がネリを倒して、初の兄弟対決を観たいところであります。 ネリが体重オーバーしてたからな。 実弟が元プロボクサーで一時ラミレス氏の指導を受けたことがある。

次の

ネリVSロドリゲス戦 バンタム級屈指の好カード!?試合予想します

ネリ ロドリゲス

もちろんお互い研究してくるので、序盤から打ち合いをするなんてことはないでしょうが、それでも相手をKOする際のファイトスタイルはとても似ている二人です。 一見、充実した日々を送っているように感じられた。 距離を取って有効打を当てる、本来のアウトボクシングでネリに挑む心構えだ。 「今年4月、ユーチューブのインタビューをネリに申し込んだ。 この選手は自ら前に出て腕を振っているうちはいいが、下がらされるとやや微妙。 翌8日にはWBC世界バンタム級王座を空位とすると共にネリーを2018年3月度のWBC世界バンタム級ランキングから除外した。

次の

11/23ルイスネリvsロドリゲス激突!ズバリ勝つのはどっち?

ネリ ロドリゲス

期待されてる選手で、 あのパッキャオの前座試合を任されたりしていますから、強いことが分かります。 2020年3月18日閲覧。 防御技術に優れたバンタム級では長身のボクサーで、日本のボクシングファンには、亀田和毅を2度破ったことで知られる。 パヤノは距離をとって一気に踏み込んでガチャガチャやるという闘い方だったので、ネリに対応されてしまいましたけど、どんどん前に出て近い距離で打ちまくるロドリゲスにどう対抗してくるか見ものですね。 という事は、井上尚弥とアメリカで試合する可能性があるって事になるな。

次の

ネリの計量失敗でボクシング界の永久追放ある?ロドリゲスとの試合中止に世間や海外の反応は?

ネリ ロドリゲス

この勝利によって世界ランキング入りを果たし、同年12月には東洋太平洋ライトフライ級のベルトを腰に巻いた。 ネリ選手自体はWBSSへの参戦要望を出しているようですが、なにせネリ選手は現状でまだ山中選手との試合の厳罰処分期間が終わっていない状況です。 ネリからは罰金、それをロドリゲスに渡すべき。 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月8日• ルイスネリ(ボクシング)の戦績と強さ ルイス・ネリは2019年3月17日のファイトで29戦29勝(23KO)のパーフェクトな戦績となります(ヤクに関しては全くアンフェアですが.. 山中との再戦を前にラミレス氏(左)とミット打ちを行っていたネリ(写真:筆者) 平気で恩師を裏切る非情さ もう一人、ネリの実像を明かしてくれたのがラミレス氏とも懇意のティファナのスポーツ記者エドムンド・エルナンデス。 でももし、こんな風に国民の英雄がドーピングで栄光を奪われたら、その国の人たちはどう思うか考えて欲しい。 たとえ試合当日の体重制限幅が設けられても山中戦の結果からネリ優位は変わらない。 この2人とウバーリの「最終勝者」が井上尚弥と対戦か 井上選手が今後4団体制覇を狙うのであれば、ターゲットにはWBO王者テテ選手(南ア)も挙がります。

次の

「受難」ロドリゲス、因縁のネリと「再戦」なるか スーパーバンタム級で復帰: J

ネリ ロドリゲス

— 武井壮 sosotakei 薬物ジルパテロールが検出され、ネリ陣営は牛肉に交じっていただけと弁明していましたが信じている方は少ないでしょう。 体重の調整も実力の範疇なのでネリはその点でかなり雑魚とも言えます。 Boxing Scene. 当初予定されていたラウシー・ウォーレンvsエマヌエル・ロドリゲス戦が中止になったことでだいぶテンションが下がっていたのだが、代わりに抜擢されたのがルイス・ネリというのはすごい。 山中慎介との2戦以降、強打者っぷりを見せつける試合が続く。 ネリは上限オーバーでクリアできず、ロドリゲスとの試合はキャンセルに。

次の

ルイスネリと井上尚弥が試合をしたらどっちが強い?徹底予想

ネリ ロドリゲス

こんな情報を見ると、ますますネリ陣営とWBAの関係が怪しく感じてくるな。 来歴 [ ] 5月5日、ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでホセ・グアダルーペ・サルガド(メキシコ)とデビュー戦を行い、初回1分4秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 同じ過ちは繰り返さないつもりだという。 2017年9月11日、WBCはネリーをWBC世界バンタム級王者としてランクインした。 反対に当然のごとくネリには手厳しい。

次の