中川 政 七 商店 社長。 トップダウンから最強のチームワークへ。14代千石社長と中川政七商店302年目の挑戦|さんち 〜工芸と探訪〜

「日本の伝統工芸を元気にする」中川政七商店CDO・緒方恵さんが考える職場の一体感とエネルギー

中川 政 七 商店 社長

いい会社とは何か? 「わざわざ人が来たくなるには、土地にいいコンテンツが必要です。 代わりに、各メーカーから売上げの一定割合を徴収している。 この時、中川政七商店にはの概念が存在しなかったことに中川は驚いた。 日本の工芸を元気にするために、まずはいちメーカーとして、自分たちのものづくりに真摯に向き合っていきたいと思っています」. 社会貢献と事業とが一体となっていないものはピンとこないというのは、直観的にわかりました。 ちゃんとやっていれば誰か見ていてくれて、何とか良い方向に転がっていくんだということを、15年間やってきて本当にそう思っています。

次の

「売上よりも大切なビジョンとブランド」。300年企業 中川政七商店の事業づくり。|HR2048|モチベーションクラウド

中川 政 七 商店 社長

もう一つは自分の会社を立て直す中で、困っている会社がいっぱいあって潰れていくんだったら、「立て直すことができるかもしれない」と。 わからないものを見ても仕方がありませんから。 と言っても個人の能力的には、まだ伸ばしていけるかなと思っているけれど 笑 」 今回の社長交代宣言。 僕がコンサルをやって立て直した波佐見焼の「マルヒロ」さんを呼んで、うちで話してもらってなんとなく「社長が一人でやったコンサルというのがあって、ある会社が元気になったんだね、よかったね。 というわけで、 中川淳さんは現在、 中川政七を名乗っておられます。 「まだめぐってきてないです。

次の

雜貨迷最愛「中川政七商店」 把300年傳統工藝變潮牌|天下雜誌

中川 政 七 商店 社長

Loftwork不聘用創作者進公司,而是依據每次專案的內容,從外部挑選最適切的合作對象,組成新的團隊。 製品に使う麻ひも20メートルを切るために、パートの女性たちは50センチを40回折り返して切っていたのだという。 300年にわたり代を継いできた中川家と、血縁関係はありません。 なので、1人か2人の作り手の廃業が取返しのつかない結果を招くことがある。 いままで自分の理解が足りなかった部分が、中川政七商店でピンときたというか、社長の話を聞いて腹落ちしたんです」 中川政七商店らしさとは、一体感と風通しのよさ 中川政七商店は会社の一体感が強いと語る緒方さん。 店舗ではたらくスタッフが 「接心好感」について語ります。 創立於1716年、來自日本奈良的雜貨品牌,在手編麻織物的製作銷售基礎上,建立SPA模式(自有品牌零售經營模式),至今在日本有55家直營店。

次の

中川政七商店|日本の工芸を元気にする!

中川 政 七 商店 社長

』『経営とデザインの幸せな関係』 以上、日経BP社 、『小さな会社の生きる道。 「ちょっと、考えさせてください」 そう返してから正式に13代に返事をするまで、実に4か月が経っていました。 自社の売上・利益だけでなく、工芸業界全体のマーケット、職人、その家族、地域、すべてが活性化することを目指していたんです」 現在の工芸業界はバブル崩壊後の売上の激減、職人の高齢化、後継者の減少など、たくさんの課題を抱えています。 そのために自分ができることをやろうという覚悟が、やっとこの数ヶ月で決まったからです。 そのため、具体的な指示は出すものの、それによって得られる成果を伝えるということはしてこなかった。 著書に『奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。 「中川もあの場で決めたと思いますからね」 千石さんが社長に就任して半年、そのような場面はめぐってきましたか?と聞いてみる。

次の

トップダウンから最強のチームワークへ。14代千石社長と中川政七商店302年目の挑戦|さんち 〜工芸と探訪〜

中川 政 七 商店 社長

「受け身でものをつくる職人ではなく、 自らの意思で努力する工房でありたい。 みんながこの会社にいて楽しいと思わないと続かないと思うので。 フォントがイイですね! この後も新ブランドを続々と立ち上げ、日本の伝統あるモノ作りを元気づけるべく奔走している名物社長さんのようです。 千石女士認為, 「為了讓願景成為大家的共識,促使員工自主展開行動,就必須要讓同仁進行徹底的討論,使越來越多人可以用自己的話來描述公司的願景。 経営者としての中川を近くで見てきた。

次の

「もの売り」から「ブランドづくり」へ━━中川政七商店に学ぶ、中小企業の経営術『日本の工芸を元気にする!』

中川 政 七 商店 社長

「日本の工芸を元気にする! 変わるからにはよく変わりましょう。 等級や評価・報酬などの設計のこと。 】老舗を継ぐ Photo: by 【單格在顯影】 業務の効率化 著者が、富士通に勤めたのち、家業の中川政七商店に入社したのは、2002年のことだ。 300周年を迎え、ビジネス界で権威ある賞も連続して受賞。 テキスタイルブランド「遊 中川」と、日本の土産ものを扱うブランド「日本市」に加えて、機能的で美しい暮らしの道具を扱うブランドとして「中川政七商店」は創設された。 東京事務所の会議室で「次の社長をやってほしい」と13代から告げられた時、千石さんは会社のものづくりの全体指針を決める「ブランドマネジメント室」の室長を務めていました。 後編では、人生で初めて転職をした緒方さんの仕事への考え方を中心にお話を聞いていきます。

次の