ウィザーズ 対 ロケッツ。 めちゃめちゃ点入ってる(笑)

めちゃめちゃ点入ってる(笑)

ウィザーズ 対 ロケッツ

昨季リーグ最多の60勝を挙げたバックスが5倍、来日したロケッツが7倍で続いている。 2位のラプターズとは6. 159点はロケッツのチーム新記録で、158点はウィザーズにとってチーム2位の記録だった。 ハワードはいいね。 5ゲーム差のため、8試合の戦績次第でシード順が入れ替わる可能性が十分ある。 「オーランド・バブル」と呼ばれる再開シーズンは3日目までに全22チームが少なくとも1試合を行い、計88試合の「シーディング・ゲーム」は8月14日まで行われる。

次の

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編(バスケットボールキング) 6月27日(現地時間26日、日付は以下同)、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ウィザーズ 対 ロケッツ

実際のところ、 ハーデンの不調はカンファレンスセミファイナルの第2戦から始まっています。 一方、ロケッツのジェームズ・ハーデン(30)はFGを32本中18本(うち3点シュートは14本中6本)、フリースローは18本中17本成功させて59得点。 フィールドゴール(FG)の成功本数に3点シュートの成功本数の半分を足して、FG試投数で割ってはじきだされる「FG効果率」で、ウィザーズはこの日・736を記録。 ハーデンの調子が悪い時だったら、今日は負けていただろうな。 」 キャット「最近のコービーは負けても笑顔なんだよ(笑) もう勝負師としての顔じゃなくなって寂しさがあるから、ボクとしては彼を無得点に抑えて、彼に最後の悔しさを味合わせてやりたいんだ。

次の

ウィザーズ: キャットのロケッツ通信

ウィザーズ 対 ロケッツ

ハーデンは爆発力を秘めており、カンファレンスファイナル第1戦のような活躍をする力は持っています。 勝負所でもハーデンのディフェンスを担当していたし、6ファール退場になったとはいえ、サイズのあるディフェンダーとして一定の地位を築きそうな感はあるよ。 」 キャット「しかしウィザーズもエースのウォールがミドルショットですぐ同点にすると、今度はしっかり速攻を決めて、またウィザーズが逆転したんだ(95-97 だが第3Q中盤からのスモールラインナップが機能しつつあるロケッツは、テリーがドライブからの加点に成功して再び同点。 さらに技ありのフリースロー3本に続き、ステップバックスリーにも成功する大車輪(62-40) ハーデンは早くも20得点目を記録中だ。 そのカペラは情けないほど入らず(ここまで8本中1本)、このチャンスをウォールのスリーなどで、着実に加点したウィザーズが、再びゲームを振り出しに戻してしまった(117-117 残り時間は2分半ほど。 最終スコアは103-121 ハーデン 20p、4A ポール 8p、6A グリーン 18p 35戦目 対レイカーズ(ホーム) カペラ復帰 バームーテ欠場中(右肩) ゲーム内容 左肩のケガでボールを欠くレイカーズに対し、ロケッツは第1Qこそリードしたものの、第2Q中盤前に追いつかれると、その後11-0のランを食らうなどして、前半は72点も取られてしまう(65-72) カペラが右目を保護していたマスクを外して気合を入れるが、状態がすこぶる悪いロケッツは中盤までに17点リードされてしまったんだ。 」と自信を見せました。

次の

めちゃめちゃ点入ってる(笑)

ウィザーズ 対 ロケッツ

ロケッツはプレッシャーを掛けて、マイボールかと思わせるプレイがあり、残り2. 最終スコアーは109-103」 シンキ「第3Qの失速でどうなることかと思いましたが、第4Qの勝負所でやってくれましたね。 ネネは膝の故障で今日も欠場とのことだ。 あれじゃ取られても文句言えんな。 つまり、この両チームの対決の明暗を分けている1つの要因として、スリーポイントシュートの試投数が挙げられるかと思います。 終盤に入ってもハーデンの勢いは衰えず、相手ディフェンダーを3人交わし、4人目がファールで止め圧巻プレイもあったよ。

次の

ウィザーズ: キャットのロケッツ通信

ウィザーズ 対 ロケッツ

さらにターンオーバーも増加しており、カンファレンスセミファイナル第1戦までの6試合に4本以上のターンオーバーを記録したのはわずか1試合であるのに対し、第2戦以降は9試合中5試合で4本以上のターンオーバーを記録しています。 とはいえ第3戦のような展開だけは絶対に避けなえればなりません。 一時ロケッツに追いつかれたが、新人クズマがスリーを決め、レイカーズは3点リードして残り1分を切った。 5パーセント) 8月1日:対サンズ(1勝0敗) 8月3日:対ネッツ(2勝0敗) 8月4日:対ペイサーズ(0勝1敗) 8月6日:対シクサーズ(1勝1敗) 8月8日:対ペリカンズ(対戦なし) 8月10日:対サンダー(1勝0敗) 8月12日:対バックス(0勝2敗) 8月14日:対セルティックス(1勝1敗) プレーオフ進出へ向けて8試合を戦うウィザーズにとって、幸運だったのは5. だが0. ではロケッツにできる対策は何でしょうか? 前半で大量リードを奪うこと、第3クォーターの得点を抑えること、第4クォーターの巻き返しを狙うこと・・・ 幸いにも、その場面ごとの対処法はあります。 イグダーラ離脱後にウォリアーズは2連敗を喫し、先に王手をかけられるなど影響が大きく出ています。 」 シンキ「分かりました。 このプレイ後も落ち着いてプレイしていたロケッツだったが、ニールのスリーに、ダドリーのミドルが決まったウィザーズが一歩抜け出しに掛かってきた(46-50 それでも終盤に入ると、ブリューワーのスリーに、ハーデンのスチールからブリューワーのカウントプレイ、直後にハーデンのスリーが飛び出し、結局前半はリードを守って後半戦を迎えることになったよ(62-59)」 シンキ「ハワードは今日もテクニカルファールをもらいましたかー。

次の

ロケッツ対ウォリアーズ 歴史に残る名勝負となる第7戦の3つの注目ポイント!【NBAプレイオフ2018】

ウィザーズ 対 ロケッツ

ロケッツはここで加点が欲しかったが、アリーザのスリーは外れ、ウィザーズにフリースローで加点され、2点リードされてしまった。 」 キャット「後半開始から両チームとも譲らず、得点差はほとんど付かなかったが、ハーデン、アリーザのスリーが決まったロケッツが2点リードして中盤に差し掛かる(74-72 中盤に入っても点差は離れずにいたが、ロケッツの方が若干リズムに乗っていて、ハーデンとテリーのスリーが決まって、じわじわと引き離すことに成功したんだ(84-78 しかしここからロケッツは受け身になってしまい、セッションズ、ネネの控え陣などに加点される9-0のランを食らって逆転されてしまった(84-87 結局第3Qは2点のビハインドになって終了したよ(88-90 リズムに乗っていた時間帯で一気に得点差を開きたかったが出来ず、ホント歯がゆい第3Qになってしまったな。 ちなみにファールをしたダドリーはフレイグラントファール1を宣告されたよ。 」 シンキ「うーん。 第4クォーター残り2分42秒。 」 キャット「前回は酷いゲームだったな(苦笑) でも今度はホームだし、連敗も止めたいしね。

次の

ウィザーズのVオッズは125倍 八村の新人王は28倍で9位タイ ブックメーカーが今季のNBAを予想― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ウィザーズ 対 ロケッツ

自己記録(61得点が2回)には届かなかったが、これで5季連続(史上2位)で50得点以上(通算19回目)をマークした。 カペラももっと決めなければ行けませんね。 3日目の8月1日には5試合が組まれ、2日目まで試合を行っていなかったヒート、ナゲッツ、サンダー、76ers、そして昨季王者のラプターズが登場。 」 キャット「タイムアウト後、ウィザーズはウォールがターンオーバー。 12up. 元ロケッツで優勝メンバーの一人であるウィザーズのブルックスヘッドは溜らずタイムアウトを要求へ(8-2) タイムアウト後に同点に追いつかれたものの、ロケッツはディフェンスの甘いゴータットを狙い撃ちするかのように、得点を重ねて行ったね(17-12) ウィザーズもビールがスリーを決めるなど、離されずに食らいついていたが(22-18)、残り5分弱からコートへ入ったネネが存在感を出すと、ゴードン、ハーデン、グリーンがそれぞれスリーを決めて、ロケッツは突き放すことに成功(35-22) 第1Qは11点リードして終了となった(35-24) 第2Qはいきなりアンダーソンが足を痛めてロッカールームへ下がる。

次の

ロケッツ対ウォリアーズ 歴史に残る名勝負となる第7戦の3つの注目ポイント!【NBAプレイオフ2018】

ウィザーズ 対 ロケッツ

ロケッツのスリーが決まらない間に、ペイント内からゴータットの加点が続いた(0-6) だがロケッツもカペラがブロックを決めた後に、速攻で加点に成功してリズムを作ると、その後アリーザ、アンダーソン、ハーデンが合わせて4本のスリーを決め、ロケッツが逆転に成功したんだ(16-14) 中盤に入ってビールのスリーに、ゴータットのオフェンシブリバウンドからの加点で、ロケッツは再び逆転されると、リズムの悪くなったロケッツはハーデン頼みになってしまい、そのハーデンがドライブからディフェンスに阻まれ、ターンオーバーを繰り返す独り相撲を展開。 なお、フェニックス・サンズとのトレードでウィザーズ入りして2試合目となったトレバー・アリーザは、昨季まで4シーズン所属した古巣と初対決。 」 シンキ「笑 そうですね。 ibtimes. 」 シンキ「それでは後半戦もお願いします。 先発スモールフォワードとして約36分出場し、15得点6リバウンド3アシスト3スティールを挙げるも、ロケッツの勢いに押されたのか、3ポイントは8投中1本しか決まらず。

次の