経済 センサス。 統計局ホームページ/経済センサス

経済センサスの活動調査・基礎調査を拒否したらどうなるのか

経済 センサス

「センサス」とはこの全数調査を意味する。 ・管理的、補助的経済活動のみを行う事業所でないこと。 経済センサスとは、総務省が実施している、全国すべての企業と事業所を対象としたアンケート調査です。 しかし、多くの都道府県では、従業員数は増えています。 経済センサスは、非常に多くの企業や事業所が回答しているため、統計データの宝庫です。

次の

経済センサス(ケイザイセンサス)とは

経済 センサス

経済センサスに関する注意喚起• また、経済センサスの調査結果から、日本で企業や事業所の数が増加しているのは、医療や福祉業のみなのが判別できます。 また「経済センサス-活動調査」は、平成24年に第1回調査を、平成28年に第2回調査を実施しました。 調査の内容に関しては、民営事業所を対象とする甲調査と国・地方公共団体を対象とする乙調査に分けられることはこれまでと同じであるが、甲調査において事業所と企業とが分けられ、とくに企業調査について持株会社、外国資本比率、親会社・子会社の有無などを調べるなど、企業組織形態についてより詳細な調査となっている。 御多忙の中、御協力いただきました皆さまには厚く御礼申し上げます。 [高島 忠]. 統計関連情報• 「経済センサス-基礎調査」は、平成21年に第1回調査を実施し、2回目に当たる平成26年調査では、「商業統計調査」と一体的に実施しました。 日本の事業所や企業の活動の全貌 ぜんぼう を統計的に把握し、産業構造を明らかにするとともに、これらの経済活動に関する各種の個別標本統計調査に対する母集団情報を提供することを目的とした基本的な統計調査。

次の

経済センサス/札幌市

経済 センサス

この新法においては、公的統計を、統計体系の基本となる全数調査による統計および国際基準に基づく国家活動の基本情報を提供する統計である「基幹統計」と、その他の「一般統計」の2種類に分けて規定しており、経済センサスは国勢調査、国民経済計算と並ぶ基幹統計に指定されている。 50音から探す• 経済センサスにより作成される経済構造統計は、国勢統計(国勢調査)、国民経済計算に準ずる重要な統計として、「統計法」(平成19年法律第53号)という法律に基づいた基幹統計に位置付け られています。 このため、下記の産業横断的集計の「I-卸売業、小売業」の結果とは異なっております。 50音から探す• )を作成するものとする。 令和元年6月から令和2年3月まで、第3回調査となる「経済センサス-基礎調査」を実施しました。 更新日:2018年8月24日 経済センサス 事業所及び企業の活動の状態を明らかにし、我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備するため、調査しています。 調査機関はこれまでと同じ総務省統計局であり、調査は調査員による調査票の直接配布か、国・地方自治体からの郵送により行われる。

次の

経済センサスの活動調査・基礎調査を拒否したらどうなるのか

経済 センサス

(注:平成19年以前の商業統計調査との比較につきましては、調査方法等が異なることから、単純比較することができないため、ご利用の際にはご注意ください。 これによって、高齢化の影響で、老人ホームなどが全国的に増えていることが予測できます。 しかし、子会社やフランチャイズは、アンケート調査の対象になります。 アンケートが送られてくると、事業所の名前や電話番号などの基礎情報から、売上、従業員数、支社や事業所の数などの、企業の内部状況まで回答します。 経済センサス 経済センサスは、事業所及び企業の経済活動の状態を明らかにし、我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報 を整備することを目的としています。 調査から得られる日本の経済活動の実態は、国や地方公共団体において地方消費税の清算や各種行政政策の立案など利用されているほか、民間企業における経営計画の基礎資料として広く活用されています。 これまでの経済センサスについてわかりやすく説明します。

次の

経済センサス/札幌市

経済 センサス

統計データの高度利用• 経済センサスにより作成される経済構造統計は、国勢統計(国勢調査)、国民経済計算に準ずる重要な統計として、「統計法」(平成19年法律第53号)という法律に基づいた基幹統計調査に位置付けられています。 統計データの活用• 経済センサスはデータの山であり、一度目を通しておくと、日本の実態が明らかになります。 経済センサス-基礎調査• このように従来の「事業所・企業統計調査」を「経済センサス」として新たに構成し直すことについては、2005年における小泉内閣による「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」(いわゆる「骨太の方針」)に基づき、これらの大規模な統計調査を統廃合することによって簡素・合理化するという作業の一環であったとみられる。 ・調査票から年間商品販売額の総額を把握でき、かつ、産業細分類の格付けのできる事業所であること。 経済センサス-活動調査• )の結果及び行政記録情報その他調査対象事業所を把握するために利用することのできる情報に基づいて調査事業所に関する経済センサス活動調査事前名簿(以下「事前名簿」という。

次の

統計局ホームページ/経済センサス

経済 センサス

第九条 総務大臣及び経済産業大臣は、経済センサス活動調査において正確かつ円滑に調査票の配布又は送付を行うため、経済センサス活動調査に先立って、直前に実施した経済センサス基礎調査(に規定するものをいう。 経済センサスは企業や事業所を対象とした調査なので、事業者登録をしていない状態で副業をしている個人は、回答する必要がありません。 経済センサス 経済センサスは、事業所及び企業の経済活動の状態、我が国における包括的な産業構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備することを目的としています。 50音から探す• 統計データを探す• 具体的な調査内容は、従来の事業所・企業統計調査と比べ、やや詳細になっており、調査の方法も「基礎調査」と「活動調査」の2段階に分けて行われることになっている。 日本政府による統計調査は、これまで終戦直後の1947年(昭和22)に制定された「統計法」(昭和22年法律第18号)に基づいて実施されてきたが、60年を経た2007年(平成19)に全面的に改正されて新しい「統計法」(平成19年法律第53号)として公布され、一部の規定を除いて2009年より施行された。 アンケート回答は法律によって義務化されており、拒否を続けると罰則があります。 ここから本文です。

次の

経済センサス‐活動調査 平成28年経済センサス-活動調査 事業所に関する集計 産業横断的集計9 産業(小分類),従業者規模(8区分),経営組織(4区分)別民営事業所数,男女別従業者数及び常用雇用者数―都道府県,市区町村

経済 センサス

経済センサスはインターネットで回答することもできますが、送付されてくる調査票に記入して、調査員に渡すことも可能です。 経済センサスについてわかりやすく説明します!. 調査対象の全体を調査する全数調査であるところにその特徴と重要性がある。 これで、企業や事務所の寡占が進んでいることが理解できます。 リンク集• 経済センサスの結果を見ると、日本の企業や事業所の数は、東京や大阪を含むほとんどの都道府県で減少しています。 事業所・企業の基礎的構造を明らかにする「経済センサス-基礎調査」と事業所・企業の経済活動の状況を明らかにする「経済センサス-活動調査」の二つから成り立っています。

次の