アングロ サクション ミッション。 <恐怖の第三次世界大戦人口削減計画>極秘計画を15年前に暴露警告していた動画を発見<アングロサクソンミッション> 国際評論家小野寺光一

新型肺炎コロナウィルスとアングロサクソン・ミッション|genito|note

アングロ サクション ミッション

これらの人類と地球の危機的な出来事をきっかけにして、アングロサクソン(白人)主導によりニューワールドを再生することが最終目的だろうと思われます。 このようなことは武漢人にとってはありえないことです。 つまり停戦に持ち込まれる前に、 中国が挑発されて核兵器を使うという状況が起こるわけですね。 バチカン• 人口削減を計画している知的生命体は、白人を取り分け贔屓しているということなのでしょうか。 彼らは何に怯えているのか? 証言者が言うには、彼ら支配者層の人間は、 大規模な「地球物理学的事件」が起きると信じているそうです。 中国経済に日本が介入• 例えば、初期のアングロサクソン人達は、キリスト教で実践される土葬よりも火葬を好んでいたことが明らかになっています。 何にせよ、証言者の話がオカルト要素を含みながらも現実の情勢を予言するような内容を含んでいたのは事実です。

次の

2010年にコロナ予測か。ロックフェラー「未来レポート」衝撃中身(MAG2 NEWS)

アングロ サクション ミッション

このビルさんのYouTube動画の中に出てくる「人口削減計画」について気になった所は以下の5つです。 この「新しき日の夜明け」は陰謀論で語られる新世界秩序(ニューワールドオーダー)や世界統一政府(ワンワールド)と同じ意味でしょう。 観光業は衰弱し、グローバルなサプライチェーンが寸断された。 この人はイギリス人で、彼に関する詳細情報をすべて入手し確認した上で、彼が誰であるか、どのような人物であるかという身元情報を我々が検証した人物です。 著者/高島康司 早稲田大学卒。 )」などのスローガンがで石の上に書き込まれ、その後も様々な落書き・汚損・改変行為が繰り返されています。 しかし、それにしても、この新型コロナウイルスは本当に自然に発生したものなのだろうか?ウイルスが人工的に作成された生物兵器であるとする情報は多いものの、どれも根拠は不確かなものばかりだ。

次の

グチ・CIAがアングロサクソンミッションに従いエボラと天然痘のハイブリを撒いた。そうである。 ポスト米英時代

アングロ サクション ミッション

そしてこれは10年前の2010年に公開されている動画であり、話の発端は2005年(もっと辿ると動画内説明では1996年)である。 アングロサクソン・ミッションについて さて、みなさんはアングロサクソン・ミッションという言葉を聞いた事があるだろうか? 私も友人からある動画が送られてきて、つい先日知ったばかりだ。 その後、イランをライフライン(石油)とする中国を戦争に参加させます。 アングロサクソン・ミッションは、世界的な陰謀を理解する上で我々に多くのヒントを与えますが、同時に多くの謎ももたらします。 そしてイランからの応酬とされる攻撃もあったが、何か 「イラン勢力を装っている別の存在」が攻撃しているようにも見える。

次の

2010年には計画されていたアングロサクソン・ミッションと新型コロナウイルス

アングロ サクション ミッション

全人口の避難は不可能• ただ、動画の視聴に加えて『プレゼンテーション原稿』と『証言者オーディオ・インタビュー原稿』を熟読してみると、超自然的な要素はあるものの、その内容自体は(善悪は置いておくとして)納得し易いものでした。 ・ビルゲイツとザッカーバーグが、そこらへんのとこ詳しく知ってる ・世界人口削減計画がある ・日本は減らさせる側、この計画の主役ではない ・その後にイランとイスラエルを発端に、第3次世界大戦が起こり、核が使用されるように仕向ける予定 ・ニューワールドの到来 ・昔アメリカで起きた、UFO墜落のロズウェル事件も関係ある ということになります。 また、影の組織を構成しているのは以下のような組織だと言われています。 彼はこの数字が述べられるのをその会合で聞いたのです。 この「新しき日の夜明け」は陰謀論で語られる新世界秩序(ニューワールドオーダー)や世界統一政府(ワンワールド)と同じ意味でしょう。

次の

アングロサクション・ミッションとUFO その2

アングロ サクション ミッション

イースト・アングリア王国• アングロサクソン人の言語 アングロサクソン人は、 古英語と呼ばれる言語を話しました。 400種類の生存可能な人工微生物株が作成された。 この状況に追い詰められた北部ヨーロッパの住人達(主にゲルマン系民族)は、洪水の起きない地域を求めるようになっていき、その候補の一つがグレートブリテン島だったのです。 ビルさんが証言者に聞いたところ、 世界の人口の50%を削減することが目的だと答えたそうです。 もっといえば、「イランの勢力に見せかけた某軍」が、 イラクの米国大使館などを先制攻撃してきたので その卑劣な戦いに、米国はイランに応酬せざるを得ないのだ というシナリオがあるのではないか? そして、米国は攻撃を受けたのだから、日本の自衛隊は、中近東に派遣されているが 「集団的自衛権」(米国の用心棒)という名前の元に参戦させられる。 この戦争はすぐに停戦しますが、その間に生物兵器が中国にばら撒かれます。 世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立てる。

次の

アングロサクション・ミッション

アングロ サクション ミッション

世界中が 恐怖と混乱の渦へと投げ込まれるでしょう・・・全てのことが彼らによって注意深く創出されるのです。 しかしだからと言って、これ以降、アングロサクソン人が消滅してしまったということではありません。 私はそのことについて、この証言者に質問をしてみました。 しかしこの情報は、あまりにも決定的 な要 素を含み、また私自身にとってはこの情報がこれまでに欠けていた断片、断片を提供してくれた、という意味で非常に重要なものでした。 応酬として、イラン または、中国のどちらかが、核で反撃するようにと仕向けられるでしょう。

次の