ハイプ サイクル 2019。 自動運転を阻む規制の壁〜ガートナーハイプ曲線2019から見る先端技術

【最新技術2020】ハイプサイクルで読み解く超重要テクノロジー5選【解説】

ハイプ サイクル 2019

食物の経路追跡• 汎用AI• 引用元: コネクテッド・ホーム ホームオートメーションに「モノのインターネット IoT 」を取り入れ、家の中の機器がインターネットと無線通信で接続され、スマートフォンなどの端末によって外出先からでも遠隔操作が可能なシステム、もしくはそのような家のことです。 DNAチップ(DNAマイクロアレイ):遺伝子配列や遺伝子発現状態の解析に使用• 通常のコンピューターは、あらゆる情報を0と1の数字に置き換え、1文字ずつ処理していきますが、量子コンピューターは、量子状態に特有の性質を生かし、0と1を重ね合わせて並行処理するため、飛躍的にスピードが上がるという仕組みです。 0によるマーケットの変化については面白い話が色々あるので、また記事や動画で解説しようと思います。 黎明期に位置する技術の例としては、バイオテクノロジー(培養組織や人工組織)、イマーシブワークスペース(Immersive Workspace:没入感のあるワークスペース)、敵対的生成ネットワーク(GANs: Generative Adversarial Networks)などがある。 とくに製造業では、中小企業であってもIoTの導入を検討している企業は少なくありません。 機器のスペックなどの制約からアップデート方法なども難しかったりする。

次の

ガートナー、先進テクノロジーのハイプサイクル2019年版を発表、5Gやエッジ分析が期待のピーク

ハイプ サイクル 2019

シリコン負極電池 現在「リチウムイオン電池」が、携帯電話、ノートパソコン、タブレット端末や電気自動車などに多く採用されています。 ガートナージャパンはこの他、デジタル・トランスフォーメーション(DX)という概念が浸透しつつあるものの、具体的な始め方が分からない企業が一定数存在すると指摘。 AWSとかGCPとか。 ・注目度が上がるにつれて、新しい技術に対する期待が高まる時期です。 米ガートナーのアナリスト/バイス プレジデントのブライアン・バーク(Brian Burke)氏 は、企業・組織にとっての活用意義を次のように説明する。 Gartnerは、現実から誇張 ハイプ を切り離すことにより、企業が特定技術の採用可否を判断できるようにするための指針である説明している。

次の

【全35種】ガートナー・ハイプサイクルの技術解説まとめ

ハイプ サイクル 2019

金融庁、仮想通貨交換所のサイバーセキュリティ体制見直しの方針 ~令和元年度の金融行政の方針を発表。 ニューロンはシナプスを通じて化学的信号をやりとりして情報を処理します。 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが海外で発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。 成長させる目的で投資や協業を行う事。 そして、一部の都市では法律による規制にまでつながった。 「なんとなく分かりそうだけど分からない・・・」、そんな項目が多いんじゃないかと思います。 0時代の持続可能な地域社会の構築(総務省重点施策2020)[]• まずはこちらの図をご覧ください。

次の

【最新技術2020】ハイプサイクルで読み解く超重要テクノロジー5選【解説】

ハイプ サイクル 2019

「過度な期待」のピーク期: 初期の宣伝では、数多くのサクセスストーリーが紹介されますが、失敗を伴うものも少なくありません。 引用元: 現在、特に 医療現場での採用が進んでおり、体が思うように動かせない難病患者の意思疎通を手助けしたり、脳卒中の後遺症で手足が不自由な患者のリハビリに活用されています。 また、知ってるワードも改めて調べなおしてみました。 画像引用元: このキーワードを眺めるだけでは何の意味もないので、片っ端から調べてみました。 そういう意味では、ガートナーが指摘するようにIoTが幻滅期に突入したのは真実と言えるかもしれません。 このような問題の解決手段として、 エッジ側にもAIを搭載し、エッジ側である程度の処理をした上で、必要な部分だけをクラウドへアップロードする、というような仕組みがエッジAIになります。 さらに、「令和2年度総務省所管予算概算要求の概要」が発表されている()。

次の

ガートナー、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表

ハイプ サイクル 2019

Waymo グーグル自動運転開発部門からスピンオフした企業。 レガシー・アプリケーションの近代化 これが技術として注目されているということについて違和感を感じる人は多いと思う。 ブロックチェーンに関連した最新動向や関連する内容については、前出のファーロンガーや鈴木をはじめとした国内外のエキスパートが講演を予定しています。 今後、テクノロジが進化し、ブロックチェーンの特徴を生かした実用的なユースケースの展開が広がることによって、2021年までにブロックチェーンは幻滅期から脱し始めるとガートナーは予測しています。 非中央集権Web ブロックチェーンによって実現する仲介者が存在しないWebの世界。

次の

ガートナーが「先進テクノロジーのハイプサイクル:2019年」を発表 ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2019/8/28~9/5】

ハイプ サイクル 2019

ニューロモルフィック・ハードウェア• テクノロジの商用利用を真に推進する要因とハイプを区別すること• 9月30日まで一般からの意見を募集している。 モノをネット経由で操作する、モノからネット経由で情報を得る、モノ同士で対話するなどを用いてサービスを実現していく。 ただし、交通量が少ない、天候や視界がよいなど、運転しやすい環境が整っていることが必要。 レベル2:ハンドル操作と運転の加速・減速などの 複数を車がサポート• オムロン社の自律モバイルロボット(引用元: ) こちらは自分で作成した地図を頼りに自律走行しながら、物を運搬します。 過度な期待のピークを越えて幻滅期に入った技術の例に、自律走行(レベル4)などがある。 ここまでなんとなく理解できたでしょうか。 ブロックチェーンは幻滅期とピーク期の境目 拡張現実 AR 「Augmented Reality」の略で、一般的に 「拡張現実」と訳されます。

次の