If 関数 複数 条件。 エクセルのIF関数で複数条件のどれに合うかで3パターン以上に振り分け[全Ver.可]

【Excelで仕事力アップ】 IF関数やVLOOKUP関数を活用。正しいデータを自動的に入力、作業効率向上! : 富士通マーケティング

if 関数 複数 条件

さて、このような3パターンに振り分ける設定では、 1つ目の設定 ポイント数が300以上だったら VIP会員 1つ目に該当しない場合 ポイント数が200以上だったら (300未満が大前提) ゴールド会員 2つ目にも該当しない場合 (200未満が大前提) 一般会員 と、ポイント数が大きい方から順番に設定していきました。 こちらの例では、(1)30歳以上なら1,000円、(2)30歳以下なら500円、という引数で表を作成しています。 IF コマンドでは条件式としてファイルやディレクトリが存在するかどうかを記述できる書式が用意されています。 こんな便利な関数があるとは!と最近知ったところです。 [検索条件範囲1] 「性別」欄が (B2からB12番地が) [検索条件1] 「男」で (F2番地と同じデータで) [検索条件範囲2] 更になおかつ、「年齢」欄が (C2からC12番地が) [検索条件2] 「45」のものだけ数えてね (G2番地と同じデータのものだけ数えてね) それでは早速、COUNTIFS関数を設定してみましょう。

次の

SUBSTITUTE関数で複数置換する方法

if 関数 複数 条件

エクセル IF関数の使い方 それでは、初めにご紹介した例を参考に、Excelのif関数の使い方を解説します。 すると、3つ目のIF関数のダイアログボックスに切り替わりました! 3つ目のIF関数が入っていることは、数式バーを見ると実感できます。 B2セルに入った得点を判定する• 全ての条件に一致しなくても値を返してしまうので注意しましょう。 条件が1つ 条件が複数 合計 平均 カウント COUNTIF S その中で今回ご紹介するのが、COUNTIFS関数。 このように「配列数式にする」、「検査値を&でつなぐ」、「検査範囲を&でつなぐ」の3つをすれば、INDEX+MATCH関数で複数条件をANDで指定することができるのです。 [検索条件2]欄には、2つ目の条件が入力されているセルを指定します。

次の

エクセルのIF関数で複数条件のどれに合うかで3パターン以上に振り分け[全Ver.可]

if 関数 複数 条件

省略すると FALSE を返します。 。 「IF関数の存在は知っているけれど、複雑な数式は作れない……」などと苦手意識を持っている読者も多いのではないでしょうか。 Excelの基本として押さえておきたい部分はif関数だけではないので、これを機にしっかりとしたExcelの知識を身につけましょう!. AND関数・OR関数を軽く理解する AND関数もOR関数もIF関数も「 論理」の関数です。 必要な要素を書き出してみましょう。 「違約状況」というフィールドのセルに、支払期限内に決済が行われた場合は「 OK」と表示し、期限を過ぎて決済された場合には「 警告」と表示、更に、未入金の場合、期限内なら 空欄にし、期限を過ぎていたら「 督促」と表示させます。 以降、セルC7まで同様の数式が入力されています。

次の

【Excel 関数】IF関数にOR/ANDを組み合わせて複数条件に対応させる方法

if 関数 複数 条件

こちらの記事もご覧ください。 今回の場合、1つ目の条件はF2番地に入力されているので、 F2番地をクリックで選択すると、[検索条件1]欄にそのセルを指定できます。 偽の場合 論理式がFALSEの場合に返す値を指定します。 よかったら参照してください。 「 B2セルに入った得点が70点以上なら、 Aクラスとし、 そうでなければBクラスかCクラスとする」・・・こんな感じです。 決済日の入るI4セルは未入金なら空• 引数「TRUE の処理」 引数「条件」を満たすときに返す値を指定します。 ですので、 (もし)相原さんのポイント数が300以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択すると、[論理式]にB2を設定できました。

次の

SUBSTITUTE関数で複数置換する方法

if 関数 複数 条件

「東京」かつ「12005」は3つあるので3を返します。 if関数は他にも、社内の資格試験の合格/不合格を自動的に振り分けるときなどに使えます。 今回は、このSWITCH関数の使い方を解説します。 3パターンに切り分ける場合はこれで全ての設定が完了したので[OK]ボタンをクリックし、「」の章にお進みください。 前のダイアログボックスで「COUNTIFS」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 領域番号 任意です。 「 ANDの関数の引数」ダイアログボックスが開いたら、 「 論理式1」に一つ目の条件を入力し、「 論理式2」に二つ目の条件を入力します。

次の

if関数で複数の条件を簡単に組み立てる方法

if 関数 複数 条件

範囲には複数の範囲を指定することはできません。 「種類」と「有効」で表示させる「プラン」が、表示されました! すべての引数がTRUE と評価された場合はTRUEを返し、1つ以上の引数がFALSEと評価された場合はFALSE を返します。 2つ目のIF関数の条件は「B2セルが70点以上かどうか」を判定しています。 引数「FALSE の処理」 省略できます。 これはIF関数に複数条件を扱うことができる関数です。

次の