目途 もくと。 「目処が立つ」の意味とは?「目途」との違いと英語定型フレーズ

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目途 もくと

易占いで用いる竹棒にメドハギが使われていて、通称メドと呼ばれていました。 両者の違いは、大きく分けて2つあると考えて下さい。 この言葉がよく使われる場面としては、だいたいの目標や到達点がわかっている時などが挙げられます。 目途の意味 目途とは、 出来事の到達点がわかっていて、なおかつそこへの具体的な道筋がわかっている状態を意味しています。 しかし、「目途が立つ」の「目途」は「もくと」と呼ぶこともあります。 We have decided to start a new business with the aim of next spring. かしこまったシーンで使用される「目途」に対して、「目処」はビジネスシーンから日常会話まで、幅広く使用されるという違いがあるのです。 「めど」と読み、「見当」「目標」を意味します。

次の

目途は「もくと」か「めど」か: 幸明の「今を歩く」

目途 もくと

「目処が立つ」の類語と言い換えは? それでは「目処が立つ」の類語についてみてみましょう。 目処が一向に立たない 「目標がほとんど見えてこない」「見通しがかなり悪い」状況の時に頭を抱えながら放つ言葉です。 目的地、終着点が見えている状態のことを指していて、目途とは違い、そこまでに至る道筋については考えていない状態です。 意味の似た「目途」と「目処」ですが、「目途」は「目標」を意味する場合が多く、「目処」は「見通し」を意味する場合が多いと覚えておきましょう。 見込み。

次の

「目途」とは?意味や使い方を由来を含めてご紹介

目途 もくと

ということで「問答集」は、「目途」を「めど」と読むのは「常用漢字表の音訓欄に掲げてある音訓による使い方からは外れているとみるべきであろう」と結論付けています。 例えば、「10分を目処に小テストを行う」だったら「10分を目標にして、問題を解く」、「事件を片付ける目処が付く」だったら「事件を片付ける見当が付く」という意味になります。 スポンサーリンク 目途と目処の語源・由来 ところで、「目途」と「目処」は、 なぜ読み方が複数あるのでしょうか? 先に結論を言うと、 「 目処(めど)」の方が元からあった言葉です。 しかしながら日常会話で「目標」のことを「もくと」と表現することはまずなく、従って「目途」という漢字での表記は日常的ではないと推察されます。 しかもNHKは「もくと」も併用。 漢字の構成から「目(め)」と「処(ところ)」で「めどころ」と読んでしまわないように気を付けたいところですが、 そもそも、「めどころがたつ」という熟語は存在しません。

次の

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目途 もくと

集英社国語辞典3版の「もくと」の項目には「(文章)めあて。 Can you see things a bit brighter? 一方、「目処が付いた」などと表現される場合には、明確な目的や見通しができているということですので、この場合はその期限が達成期限となります。 「1日20ページを目安に読書する」「70点が合格の目安だ」のように使われます。 【例文2】• 「目途(もくと)」は目標と言う意味に使い、「目途(メド)」は大体そのくらいの意味で使われることが多い。 見通し ほとんどが目処(めど)の意味と同じではありますが、目途(もくと)の類語が気になった場合はこの辺りを想像していただければ間違いありません。

次の

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

目途 もくと

結果、「目処が立つ」と「目処がつく」は意味や使い方に関して、ほぼ同じであると捉えることができます。 あてにならない占いみたいな「めど」とは違うぞ、と強調しているわけではないでしょうが。 昔は、この「蓍萩」のことを短縮して「蓍(めど)」と読んでおり、「蓍」が立つと将来の見通しが見えると言われ、「めどが立つ」となりました。 「目処が立つ」の「立つ」には「目標がはっきりする」、「目処がつく」の「つく」には「ある状態にまとまる」という意味がそれぞれあり、平たく見ても両者は同等の意味を持ち合わせていると言えます。 仕事に追われる日々を送っている同僚には「どう、目途は立った?」と声をかけ、気遣いの気持ちを表してあげたいですね。 そのため新聞は「めど」については平仮名で書いているわけです。 雨が強すぎるので、ゲーム再開の 目処はついていない。

次の

目途と目処の違いとは?意味や読み方・使い分けも解説

目途 もくと

2)針の耳(糸道の穴) 針穴、穴 明治期には糸道の穴として「目途(めど)」の表記があり、更に目処にも転用した場合もある。 ただ三つのうち「目度」は、文学作品の中などでわずかに用例がみられますが、あまり頻度は高くありません。 安倍晋三首相も2017年の施政方針演説で、福島の復興に触れ「帰還困難区域でも、復興拠点を設け、5年を目途(もくと)に避難指示解除を目指し……」と述べていました。 「 目処」=「 めど」と読む。 これはあくまでも予測であって、具体的な工程などを考えて計算している日程ではありません。 なお新聞などでは、混乱を避けるためか、「めど」を使う場合は平仮名表記にすると決められたようです。 「目処・目途・目度」の 意味と正しい使い方、そしてそれぞれの違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。

次の