オリムピック コルト。 2020年4月登場の「20コルトUX」のコスパが明らかにヤバイ!!

【楽天市場】オリムピック 15 ヌーボ コルト プロトタイプ GNCPS

オリムピック コルト

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 。 6~1. しかしながら、「18コルト」はハイエンド顔負けのスペックを持ち、アジング中上級者からも名機との呼び声が高いロッドとなっています。 612L-Tと同様に初めての感覚で不思議な感じだった(笑) 試した抜き上げ最大重量は尺アジ(約210g)まで。 24 1. おそらくトルザイトリングの方がSICよりもラインがガイドに当たる面積が大きいので、このように白濁するのが早くなるのかな?と予測しています。

次の

オリムピック コルトUX インプレ│おたまの釣り日誌

オリムピック コルト

そして、気になる希望小売価格は、なんと1万円代前半! 各パーツの特長を紹介しましょう。 8-10g 2pcs 「732L-T」よりも若干長さがあるモデル。 先径0. 一昔前のアジングロッドといった印象なので、同じ予算を出すなら他のモデルを選んだ方が良かろうかと思います。 遠投や足場の高い場所により適している。 これはハイエンドロッドと同水準となっており、アタリや潮を感じる繊細さは1万円台のロッドの中でもピカイチと思われます。 ハイエンド顔負けの軽さ 2万円台のロッドとは思えない圧倒的な軽さも18コルトの魅力です。 上位モデルに使われる「トルザイトリング」ほどではないですが、なかなかの軽やかさです。

次の

【インプレ】オリムピック ヌーボ コルト プロトタイプ GNCPS

オリムピック コルト

) ソリッドの重さで、チューブラよりも先重りしやすいかなと思ったけど、きちんと200g以下のリールでバランスが取れるように作ってある。 先径0. 93m 66g 0. 3-4g 18コルト GCRTS-612L-T 1. 8-10 MAX4lb 13,200 オリムピック公式「20コルトUX」詳細ページは 20コルトUXの特長について 「20コルトUX」の最大の特長は、何といってもこれまでのコルトシリーズでは考えられなかった1万円代前半で手に入れることができるというトコロ。 86m (未定) 0. 商品説明• 20GCORUS-6102L-HS 「20GCORUS-6102L-HS」は、ジグ単専用ロッドに対して少し太めの先径0. 大手メーカーの独壇場だった1万円台前半の入門ロッドにがっちり食い込んでくることが予想されます。 85m 55g 0. ロングレングスゆえに、612L-HSに比べて少しパワーもあるので、潮流の効いたエリアで1g以上のジグヘッドも快適に使用可能です。 と7つにブランドが細分化されています。 個人的には「コンッ!」とけっこう固めな感じです。

次の

オリムピック コルトUX インプレ│おたまの釣り日誌

オリムピック コルト

ジグヘッド単体の使用を目的とした設計で、積極的にアジを掛けに行く攻めの釣りに最適。 70 0. ジグ単用と遠投用をきっちり分けたい方におすすめです。 「2万円ちょいぐらいならOK~!」って方は、コルトRVのところは読み飛ばしちゃってください。 Sic-sリング搭載• 」が合言葉• 初心者向けのミドルエンド機種にとどまらず、上級者になっても使い倒せるのはとても魅力的ですよね。 故に新型コロナウイルスの影響で入荷が遅れるのではないかとの噂の散見されていましたが 終息に向かってるしそろそろじゃねーのって事で何気に楽天で検索すると… ナチュラムさんにあるじゃん! 742と610、どっちにしようかなぁ~… 742がファーストテーパーで610がエクストラファースト。

次の

オリムピック(OLYMPIC) CORTO(コルト) GCRTS

オリムピック コルト

逆に185gくらいのリールだと水平より少し上になるバランス。 コルト18は高弾性でシャキッとしたアクションが特徴で、このモデルもどちらかと言うと掛けを意識した仕様。 SIC-Sガイド、いいですね! 1g前後のジグヘッド~3gほどのジグヘッド、5gほどのキャロやフロートまで投げましたが問題なし。 年間通じて0,8g~3gのジグヘッドで釣りを組み立てるなら、このロッド1本あればいけるんじゃないかな?と思うくらい扱いやすいロッド。 コルトシリーズのコスパモデルとなっており、上位機種に迫る感度と操作性が持ち味。

次の

【インプレ】18コルト 642L-HS~進化した中堅クラスのアジングロッドを体感~

オリムピック コルト

前持ち(リールフットに指を挟まない状態)の場合、170gのリールでほぼ水平にバランスが取れる状態。 HSはハードソリッド、Tはチューブラーを意味します。 バットセクションには「」を採用することにより、軽量化をはかりつつ剛性も調整済みとのこと。 ジグヘッドはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドを使用した場合。 ただし、5g近いキャロ、フロートを投げる時は、たらしを長めに取って投げるようにしています。

次の

【このスペックでなんと1万円代前半】オリムピックのアジングロッド「20コルトUX」がコスパ高すぎ

オリムピック コルト

私はトルザイトリングのモデルを使用しているので、SICに交換してもらえるかメーカーに確認を取った所、 釣具店経由でトップガイドをトルザイトからSICに交換という内容で修理依頼すると有償で対応してもらえるとの事でした。 手元に伝わる情報量が増え、より多くのアジを掛けていくことができます。 このプライバシーポリシーは、当社が開示いただいた個人情報 の取扱いに関するお客様と当社との間のお約束です。 アクション:レギュラーファースト• 豆アジの小さなアタリでも手元に届く高感度仕様です。 (OLYMPIC Sensitivity System)」を駆使して感度が強化されています。

次の

オリムピック「18コルト」の特徴解説【圧倒的ハイコスパの中級機】

オリムピック コルト

エステルを使ったジグヘッド単体の場合。 ちなみに、ハイエンドのスーパーコルトは6フィート台でも自重49g。 08 0. 1g未満のジグヘッドでしか反応が無いシチュエーションなどに大活躍する一本。 着払いにてご返送いただき、正常品を迅速に送らせていただきます。 「582UL-HS」より強度もあるので、良型相手に強引なファイトをしても大丈夫です。 モデル 先径 20GCORUS-572UL-HS 0. 08m ・重量=57g 642に長さを足したもの。

次の