2030 年 アパレル の 未来。 楽天ブックス: 2030年アパレルの未来

2030年アパレルの未来

2030 年 アパレル の 未来

消費財、小売、ファッション、化粧品、インターネットサービスなどのライフスタイル領域を中心に、成長戦略、デジタル戦略、グローバル戦略、ビジョン策定など様々なコンサルティングを手掛ける。 ぼく自身はブランドをやっている訳ではないので、海外展開するにあたってのサイズ展開の違いや問題は正直、分かりません。 2030年に勝ち残るために必要なこと• 世界のアパレル市場規模は右肩上がりであり、アメリカ・中国だけでも60兆円の規模、その他アジア、アフリカでも市場は伸び続けている。 とても 見識にあふれた書籍なので、個人的にもビジネスの面で大いに参考にさせて頂きたいと思った次第である。 今回は【 】という書籍を通じて、2030年頃の消費市場はどうなっているのかその大胆な予想が非常に面白かったのでご紹介したい。

次の

「2030年アパレルの未来−日本企業が半分になる日」を読んで。世界で勝負し、生き残るために腕を磨いていかないと。

2030 年 アパレル の 未来

消費財、小売、ファッション、化粧品、インターネットサービスなどのライフスタイル領域を中心に、成長戦略、デジタル戦略、グローバル戦略などのコンサルティングを手掛ける。 とくに中堅アパレルにその大波が打ち寄せ、吸収合併や市場からの退場を選択する企業も出てくると見通す。 アパレル産業の将来性 グローバルで見れば、アパレル産業は依然として成長産業である。 近年「若者のファッション離れ」や「服が売れない」といった言説、百貨店の不振などが報道され、国内ファッション・アパレル産業を取り巻く環境は厳しさを増している。 ではそれで業界自体が活性化するのか?と言われれば、答えはNoだ。 もちろん、これらのブランドの真似ではなく、自身のブランドにしか提供できない「日本らしさ」と価値を追求し提供し続けること。

次の

楽天ブックス: 2030年アパレルの未来

2030 年 アパレル の 未来

(2020年06月27日 02時25分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 この1年ほどでAIという言葉が身の回りに馴染んできているように感じます。 山地保氏プロフィール 1990年繊研新聞社に入社、総合企画室、営業部などを経て、1999年合同展示会IFF事務局長に就任、2006年には合同展示会PLUG INを立ち上げる。 自分の「価値」を磨く。 入手できないこともございます。 客観的な視点も含め、今後日本のアパレル業界がどうなっていくのかを冷静に分析し、課題を挙げ、その解決方法までを書いている親切な本でした。

次の

arcade.mcmillan.com: 2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日 eBook: 福田 稔: Kindleストア

2030 年 アパレル の 未来

教育の本質は「底上げ」にあって、スタープレイヤーを生み出す事ではない。 初回ロットを少なくし、その売れ方からどのデザインをいくつ追加発注するのか決定するという方法。 そこには必ず、その信念やデザインに共感して好きになってくれる人がいるから、成り立たせることができる。 誰に勧められたのか、ということが大きな意味を持ちますが、アパレル企業としてはショップ店員の強化もこれから生き残っていく上で重要だと書かれています。 その結果成長市場が中間価格帯の市場から、高価格帯の市場へと変遷している。

次の

2030年、日本版エシカルファッションの未来

2030 年 アパレル の 未来

さらにはテクノロジーやデジタルの進化によって新たな機会も生み出されている。 本書ではそんなテクノロジーを礼賛する内容なのかと思っていたが、全く違う。 まずは人事制度の見直しだ。 ただ、日本には他の国にはないほどの豊かな文化的背景があって。 着る服にそこまでお金をかけなくてもファッションを楽しみたいと思っている人たちに価値を提供できる低価格帯のファストファッションブランド。

次の

福田稔「2030年アパレルの未来」 デジタル化ふまえ、独自性を武器に|好書好日

2030 年 アパレル の 未来

シタテル株式会社の社外取締役や株式会社IMCFの戦略アドバイザーを務めるなど、業界の革新を促すスタートアップ企業に対する支援も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 日本のアパレルの現在地 購入者さん 評価 5. それらを生地やデザインと積極的に絡めて、要するに「日本らしさ」を武器とした展開をすれば、世界的に需要のあるブランドはまだまだ作れるとのこと。 このようなことができると、自分の様々な部位のサイズをスマホに保存しておいて、気に入ったデザインがあれば、自分のサイズに合わせた自分だけの服を自動で作成してもらうということも可能になりそうです。 そういうデザインをできる人、手法を強化していくことがこれからのアパレル企業に必要なことだと言います。 サイズが変われば型紙も変わってしまいます。 禅やわびさびなど独特の世界観も持ち、文化的にも強みを発揮できるものはたくさんある。 そして、全人口の約3分の1が65歳以上と高齢化がますます進んでいます。 であれば今いる人材を教育する事こそが、業界活性化に繋がるのではないか。

次の

福田稔「2030年アパレルの未来」 デジタル化ふまえ、独自性を武器に|好書好日

2030 年 アパレル の 未来

同調圧力が強く、集団制や調和が重視される日本。 2025年以降、コンピュータは1秒間に2. 内容説明 ZOZOを超える中国企業衣邦人の戦術。 日本はおしゃれで綺麗な街がたくさんある。 スポンサーリンク 信念を持たないブランドは消滅していくけど、それでいいと思う 最後に内容をまるっとまとめてみると、「信念を持たないブランドは消滅していく」ということだと思うんですね。 講師 福田稔氏 (株式会社ローランド・ベルガー パートナー) テーマ 「2030年、アパレルの未来 日本企業が半分になる日」 司会 山地保氏 (学校法人文化学園国際ファッション産学推進機構 Tokyo新人デザイナーファッション大賞事務局 機構長) 日時• エネルギー不足は、2030年までは回避できるだろう。 それに「SNSで上がってた服、着てるの見たことがないんだけど?」とか言って友達に「ワンショット消費」がバレかねない。

次の