フェイル セーフ と は。 フェールソフト/フェールセーフ/・・10つをかんたんに覚える方法

フェイルセーフとフールプルーフの違い

フェイル セーフ と は

failure• つまり、「何も知らない人が使っても大丈夫なように証明されているもの」「使用方法を知らない、もしくは間違った使い方をしても大事に至らないような設計」のことです。 だからといって、フールプルーフ設計を疎かにしてしまうわけにもいきません。 悪路用自動車で後ろに予備タイヤとして常用タイヤと同じ物が付いているのを見たことがあると思います。 片方が故障してももう片方にフェールオーバーして動作続行します。 しかし、この当たり前はソフトウェア設計では当たり前でなかったりします、特にWebアプリでは当たり前ではありません。 工業機械においては、危険部位へのアクセスを、物理的に遮断したり、その遮断したモノを外した場合は、危険部位を稼動させないといった設計がなされます。 フェイルセーフを一言で言うと 何かに失敗しても致命的な問題に至らないよう安全に失敗させる これがフェイルセーフです。

次の

フェイルセーフ(フェールセーフ)とは

フェイル セーフ と は

フェイルセーフの役割 フェイルセーフ機能は「 何かに失敗しても致命的な問題に至らないよう安全に失敗させる」機能です。 また、身近なフェイルセーフの事例に「鉄道の踏切(遮断機)」をあげることができます。 ITシステムならRAID5や失敗時のリトライなどがこのケースです。 これが、フェイルセーフです。 燃えさかるよりは消える方を選択するストーブ、開いたままよりは閉まった状態を選択する遮断機、緊急時に加速するよりは減速する方を選択する車両・・・これがフェールセーフ設計です。 239• としています。

次の

フェイルセーフオーブン(安心器具乾燥器)(DGS800)|ヤマト科学株式会社

フェイル セーフ と は

以下の図はヒューマンエラーが事故につながるのを防止するために検討すべき手順です。 つまり、ミスやエラーが発生しても、安全側に向かうような工夫です。 フェイルセーフ 失敗するけど安全?? 「操作方法を間違ったり、部品が壊れたり、誤作動したりした場合に、危ない方向ではなく、安全な方向へ向かう」ように設計することをいいます。 フールプルーフ(fool proof) フェイルセーフと意味合いを混同されがちですが、こちらは人的ミスを根本的に発生させないような設計にするということです。 まず新幹線の基本設計思想であるフェールセーフがあり、その基本設計思想を受け継いで各システムや部品の設計思想が成り立つわけです。 また、同ガイドラインでは、フェールセーフ化の対象とする制御機構は、原則として次の表に示す制御機構とするとしています。

次の

航空機の安全はフェイルセーフじゃなくフォールトトレランスという考え方

フェイル セーフ と は

2種類のフェイルセーフ機能を思い出してください。 この「基本」とは何でしょうか? 基本とは部分ではない、ということです。 を確実に行うための考え方の一つとしては、敵国からの先制核攻撃によって被害を受け、報復攻撃システムの一部に異常が起きた場合、フェイルセーフの思想で構築した報復攻撃システムでは、報復核攻撃が不能となる恐れがある。 これにより、連結が外れて配管が切れた場合でも、各車両にある補助空気だめの圧力により非常ブレーキがかかる。 人が便座に座っていないと水が出ないおしり洗浄機(座っていないのに水がでたらそこらじゅうびしょ濡れ)• フェイルセーフとフールプルーフの違いについて、具体例と共にまとめてみました。

次の

航空実用事典

フェイル セーフ と は

フォールバック Fall Back 似た言葉ばかりで見るだけで頭が混乱してきますね。 例えば、自動車はブレーキを踏んだ状態でないとエンジンがかけられないなどの仕組みがこれに当たります。 セーフ、安全です。 フールとは英語で「愚か者」という意味を指し、日本語で「ポカヨケ」や「バカヨケ」と呼ばれることもあります。 ネットワークサーバーも全く同じサーバーを2台用意しておき、片方が故障した場合にもう一台にフェールオーバーさせる構成のものもあります。 これらの経験をふまえてボーイング社は707/720の構造・強度を「損傷許容」の考え方から再評価し,特に高稼働機を対象とした必要な追加検査項目を加えた補足構造検査要目を1979年3月に完成して運航会社に指示している。

次の

航空機の安全はフェイルセーフじゃなくフォールトトレランスという考え方

フェイル セーフ と は

フェールオーバーは簡単に言えば「予備に切り替えること」です。 一方,ダグラス社は1976年4月に高稼働のDC-8を対象とした構造検査プログラム(SIDと等価のもの)を運航会社に指示しており,ユナイテッド航空や日本航空ではこのプログラムに自社の経験を加味した独自のDC-8長期対策を設定した。 error 「フォールト」に備えていたが「デフェクト」が原因で「エラー」が検出され「フェーラー」や「マルファンクション」が起こった。 どんなに安全装備が充実しても、潜在的な危険性は変わりません。 「ミスや故障は必ず起こるもの」という考えがフェイルセーフ、「そもそもそのようなミスや故障が起こらないようにしよう」という考えがフールプルーフです。

次の

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フェイル セーフ と は

しかも「フール」と「フォール」に関しては1つだけです。 フェールセーフ Fail Safe• このようにフェールが起きた時に安全な停止方向になる設計がフェールセーフというわけです。 自動車でも、運転免許証を所持していなければ運転できません。 「車を走らせる」アクセルと「車を停止させる」ブレーキ、本来真逆の機能を持つペダルが隣り合い、更にどちらも右足で操作するというユーザーインターフェイスが一番の問題でしょう。 この様に、フールプルーフは、危険や混乱に繋がる制御はあえて難解にするという 人に対する設計思想です。 核戦争の危機に際してソ連がフェイルデッドリーの報復システムを持っており、それが物語の核の一つとなっている。 鉄道の遮断機は、一見すると 電車が近付いたときに、遮断機を下ろしている ように感じます。

次の

フェイルセーフ(フェールセーフ)とは

フェイル セーフ と は

また特にフェール3兄弟の内、フェールオーバーは故障時でも完全に状態補完できていました。 これに対し、報復用の核攻撃システムをフェイルデッドリーで構築しておくと、先制核攻撃を受けた場合においても、より確実に敵国へ報復攻撃を行うことができると考えられた。 という話です。 このような動向の中で,1977年5月14日,ザンビアのルサカに着陸進入中の英国ダン・エア所属の707-321C型機の右側水平安定板と昇降舵が脱落し,同機は機首を下げたまま地上に激突炎上する事故が発生した。 また、トヨタのセンチュリーという高級車がありますが、センチュリーでは、さらに高次元のフェイルセーフの考え方がされています。

次の