アトルバスタチン。 アトルバスタチンの効果と副作用【高脂血症治療薬】

アトルバスタチンの効果と副作用【高脂血症治療薬】

アトルバスタチン

一方でアトルバスタチン錠は、20mgも非常に安い薬価で発売されています。 LDLコレステロールも高く、中性脂肪も高い方• 10).代謝異常:グルコース上昇、HbA1c上昇、血清鉄低下、低血糖症。 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 肝機能値の多少の悪化はそれほど心配ないと思いますが、ごくまれに重い肝障害を起こすことがあります。

次の

アムロジピン・アトルバスタチン:カデュエット

アトルバスタチン

肝臓に蓄えられていたコレステロール量が減るため、この減った分のコレステロールを「血液中に存在するコレステロール」から補おうとします。 ジェネリックは薬価も安く、患者さんにとってメリットが多いように見えます。 テラプレビルを投与中の方 が挙げられています。 アトルバスタチン錠は、2000年から発売されたリピトール錠のジェネリック医薬品です。 粘膜障害も報告されています。 そのため、天然フラボノイドの効果は24時間~長いもので4日くらい続くものもあります。 この中リピトールは、ストロングスタチンとして最初に発売された薬剤になります。

次の

リピトール(アトルバスタチン)の作用機序:脂質異常症治療薬

アトルバスタチン

呼び名は二つありますが、「リピトール」は英語のLipid(脂質という意味)から来たもので、一般的にはアトルバスタチンと呼ばれています。 メバロチンはいつ飲んでもいい? メバロチンの用法用量には、1日1回投与の場合の服薬時期は規定されておらず、患者さんのライフスタイルに合わせていつ服用してもかまいません。 薬局での注意点・服薬指導のポイント• 7倍に上昇したとの報告がある 機序 シクロスポリンとHMG-CoA還元酵素阻害剤との副作用誘発性の相加作用、シクロスポリンによるHMG-CoA還元酵素阻害剤の代謝・胆汁中排泄に対する競合阻害に基づく相互作用、シクロスポリンによる本剤の肝への取り込み阻害に基づく相互作用が示唆されている 危険因子 腎機能障害 ]。 強さ 一般名 先発品名 スタンダード プラバスタチン ナトリウム メバロチン 5mg 10mg シンバスタチン リポバス 5mg 10mg 20mg フルバスタチン ナトリウム ローコール 10mg 20mg 30mg ストロング アトルバスタチン カルシウム リピトール 5mg 10mg ピタバスタチン カルシウム リバロ 1mg 2mg 4mg ロスバスタチン カルシウム クレストール 2. 次はその他の特徴。 9).内分泌:テストステロン低下、コリンエステラーゼ上昇、TSH上昇、ACTH上昇、アルドステロン低下、女性化乳房。 CK(CPK)上昇 でした。 多くは発熱と空咳を伴います。

次の

アトルバスタチン錠5mg「サワイ」

アトルバスタチン

機序:エファビレンツによるCYP3A4の誘導が考えられている。 • 最近はクレストールを処方する機会も徐々に増えてきています。 高齢者 65歳〜 アトルバスタチン錠10mg「EE」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 フィブラート系薬剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、自覚症状<筋肉痛・脱力感>、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、血清クレアチニン上昇、腎機能の悪化、筋肉痛、脱力感 ベザフィブラート 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、筋肉痛、脱力感 ニコチン酸製剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、筋肉痛、脱力感 ニセリトロール 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、筋肉痛、脱力感 免疫抑制剤 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、筋肉痛、脱力感 シクロスポリン 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇、筋肉痛、脱力感、本剤のAUC0-24hrが8. また検査値の異常として、• 1.アトルバスタチンのメリット・デメリットについて <メリット>• アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系はコレステロールを下げることで、血管内壁にコレステロールが沈着する事も予防してくれます。 アトルバスタチンは、スタチン系のコレステロール低下薬です。 8%)がみられた。 やみくもにコレステロール値を下げればよいというものではありません。 【備考】• 横紋筋融解症• 細胞膜の構成• アトルバスタチンをはじめとしたスタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)は、主に悪玉コレステロールを下げる作用に優れます。

次の

リピトール(アトルバスタチン)の作用機序:脂質異常症治療薬

アトルバスタチン

LDLを肝臓に取り込んで、低栄養状態に備えます。 同じ商品で価格が高いものと安いものがあると、つい私たちは「安い方には何か問題があるのではないか」と考えてしまうものです。 これらの病気は死に直結し、特に脳卒中では寝たきりの原因にもなります。 機序:アゾール系抗真菌薬又はエリスロマイシンのCYP3Aに対する阻害作用が考えられている。 大切なことは、コレステロールのおおもとである脂質は、体にとって大切な物質であるということです。 」と記載されています。 5.甲状腺機能低下症の患者、遺伝性筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある患者、薬剤性筋障害の既往歴のある患者[横紋筋融解症が現れやすいとの報告がある]。

次の

アトルバスタチン錠10mg「トーワ」

アトルバスタチン

AHFS. そのため、 コレステロール合成で最も重要となるHMG-CoA還元酵素を阻害すれば、全体のコレステロール合成も抑制されることが分かります。 AST(GOT)上昇• ・肝障害の方、または過去にかかったことのある方 ・アルコール中毒の可能性のある方 ・腎障害の方、または過去にかかったことのある方 ・フィブラート系薬剤(ベザフィブラートなど)、免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、ニコチン酸製剤(ニセリトロールなど)、アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾールなど)、エリスロマイシンを使用している方 ・糖尿病の方 高齢者 一般に高齢者は生理機能が低下しているため、アトルバスタチンの血中濃度が増加しやすい傾向があります。 アトルバスタチンを経口服用してください。 喫煙、肥満、年齢、高血圧、糖尿などがあり、心筋梗塞を起こす危険性の高い人は、より低い値でも服薬をすすめられるものです。 全身倦怠(感) でした。

次の

医療用医薬品 : アトルバスタチン

アトルバスタチン

避妊方法の実施について質問がある場合は、医師に確認してください。 治療上やむを得ないと判断される場合にのみ、慎重に併用することと記載はされています。 237• 慎重投与• テラプレビル投与中、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル投与中、グレカプレビル・ピブレンタスビル投与中の患者。 動脈が閉塞した部位が心臓や脳などですと、• コレステロールを下げる薬の代表的なものが「スタチン」「フィブラート系」と呼ばれる成分。 (60歳代病院勤務医、脳神経外科)• 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症• 胆汁酸の原料 などが挙げられます。

次の

アトルバスタチン錠10mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

アトルバスタチン

そこで、肝臓でコレステロールが生成される過程を理解した上で、薬の作用機序を理解していきます。 • 悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はアトルバスタチンをまず使うという医師も多いです。 万一、足のふくらはぎなどに筋肉痛があらわれたら、すぐに受診してください。 アトルバスタチン5mg• アトルバスタチンを高用量で使っている方は、薬価の差が出てきます。 リポバスも使用上の注意に「コレステロールの生合成は夜間に亢進することが報告されており、本剤の臨床試験においても、朝食後に比べ、夕食後投与がより効果的であることが確認されている。 参照元:(指定難病79) 心疾患を起こしている人 心筋梗塞を起こしている、虚血性心疾患を起こしている場合は他の治療がある場合が多いのです。

次の