ショック トルーパー。 Steam で 50% オフ:SHOCK TROOPERS 2nd Squad

ショックトルーパーズ セカンドスカッド

ショック トルーパー

強制的に降車し、乗り物が大破してしまうが凄まじい威力。 特殊作戦に投入される彼らは装備・武器も他の部隊とは異なる。 制限時間についてはラスボス戦のみ特別ルールが設けられている。 使い回し素材が多かった前作と比べて大型敵のバリエーションがある程度増えた。 また、末期になると、彼らは広大な都市景観をパトロールするようになり、コルサント市民も赤いからの命令によって、身分証の提示を強いられるようになった。 は「オッド・ボール」。

次の

インペリアル・ショック・トルーパー

ショック トルーパー

自分たちの作り出すバトル・ドロイドを人道的な存在としてアピールした。 また画面上の表示弾数が少ないため、処理落ちによる恩恵を受けにくい、システムに恵まれない点を密かに併せ持つ。 ハードケースの犠牲は共和国の勝利に大きく貢献することになる。 捜査を開始すると、犯人は悪の組織「ブラッディスコーピオン」と判明したのだった。 オーダー66以前にジェダイとの戦闘経験もあり、共和国を裏切ったジェダイ・マスター、ポング・クレル将軍の裏切りに気付いた彼らは第212大隊と協力し、現場のクローンのみの判断でクレルの指揮官権限を剥奪。 その後、ロザル戦役での活躍を通じて反乱同盟軍コマンダーとなったレックスは、ヘラ・シンドゥーラ将軍と共にエンドアの戦い(『エピソード6』)に参加した。

次の

インペリアル・ショック・トルーパー

ショック トルーパー

「アケアカNEOGEO」シリーズは、NEOGEOの名作を忠実に再現することをコンセプトに開発をしています。 ステージ構造について• ドグマ Dogma 第501大隊所属のクローン・トルーパー。 コメット Comet 第104大隊に所属するクローン・トルーパーの伍長。 この辺もメタスラ寄りのデザインに近づいたといえる。 画面内に敵がいる状態で、しばらくニュートラル(コントローラー操作を完全に放置した)状態を維持すると、キャラが固有のモーションを取って19990点ボーナス。

次の

アケアカNEOGEO

ショック トルーパー

彼等は互いの認識を目的とした認識番号を持ち、左手首には詳細な情報が読み取れる識別コードが埋め込まれていた。 ウォルフとクーン、同部隊のトルーパーであるシンカーとブーストは脱出ポッドで脱出。 ボイル Boil 第212突撃大隊内のゴースト中隊に所属したクローン・トルーパー。 また、アナキンがと行動を共にする機会が多い為、彼の指揮下にあるコーディと行動を共にする事もあり、上官であるコーディを呼び捨てるなど階級の枠を越えた友情を築いていた。 攻撃を受けてライフが尽きるか、制限時間が0になってしまうと1ミスとなる。

次の

マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー

ショック トルーパー

「ボムまとめ倒しボーナス」• 全5ステージ 構成。 悪の組織ブラッディスコーピオンによってさらわれてしまったジョージ博士とその孫娘の救出作戦に参加します。 ニックネームの由来はお喋りなところからきている。 衛生兵として第501大隊を支えていたキックスは多くの任務で傷ついたクローンたちを救ってきた。 国連平和維持軍の派遣を行うことを決定。 クローン戦争終結後(19BBY)、銀河帝国建国を期に寿命の短いクローントルーパーから生身の人間であるストームトルーパーに徐々に入れ替わっていった。

次の

クローン・ショック・トルーパー

ショック トルーパー

健康において絶対的な権限を有していたキックスは階級的には上官であるジェダイ将軍やクローンの士官たちにさえ、健康に関して問題がある場合はその権限を行使して彼らに命令することもあった。 専門部隊も存在するが、一般兵も含めたすべてのクローンはジェットパックの操作も訓練されており、兵科は関係なくジェットパックを身に着けて作戦に加わるトルーパーも多い。 壊滅状態となったトレント中隊であったが、その後も兵員補充などを繰り返しながら第501大隊の主力部隊の一つとして各地で戦闘を繰り広げ、リッジもその戦いを生き抜いた。 その後、ドグマはレックスたちへ銃を向けた事と、正式な銃殺刑の執行に則らずに独断でクレルを銃殺した事に対する罪を償うため刑務所へ連行された。 コメットはウォルフと共に救援・捜索任務に従軍することが多く、惑星ヴァンコアへのジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーとマスター・メイス・ウィンドゥの救出任務、惑星ローラ・サユーでのジェダイチームの救出任務、惑星カダーヴォでのジェダイやトグルータの植民者の救出任務に参加。 チームバトルモードとは、8人のキャラクターから3人をセレクトし、好きなところでキャラクターをチェンジさせることができるというもの。 。

次の