Nhk 防災 アプリ ハザード マップ。 NHK ニュース・防災アプリの使い方と設定方法を画像付きで解説【iPhone、Android】

NHKニュース・防災アプリの設定と使い方!無料で災害情報を見るには?

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

防災において気をつけていただきたいのが、「河川情報」と「土砂災害危険度マップ」です。 ・台風の進路予想を地図に掲載。 例えば、首都圏である東京は23区限定アプリが存在し、大阪、名古屋などの主要都市から、そこまで知られていない市町村まで幅広く存在します。 クリック NHK ニュース・防災アプリケーションアイコン。 このように、検索された場所が出てくるので、このマップを元に、避難場所や緊急で使う公衆電話を探せばいいだけです。

次の

浸水などの災害時に備えてハザードマップアプリ「goo防災アプリ」を活用しよう!詳細や使い方について徹底解説

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

多くは学校の体育館などの公共施設が指定されています。 24時間で多く読まれている記事のランキングなので、みんなの関心のあるニュースがすぐに分かります。 ・災害時などにニュースの放送同時提供。 ・最新情報を掲載。 位置情報を利用するか聞かれる場合は『常に許可』をタップしてください。 NHKニュース・防災アプリは、おすすめコンテンツから、NHKのスマートフォン用のホームページへのアクセスがタップ1つで簡単にできることです。

次の

NHKの防災情報や速報を見るには「NHKニュース・防災」アプリが便利

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

わがまちハザードマップ 「わがまちハザードマップ」は見たい市区町村を選択すると、自治体公表のマップが掲載されているホームページが表示されます。 また、災害時に機能を使いこなすために、平時にアプリをインストールして使っておきましょう。 ライブ動画がある場合は、この画像のように動画が掲載されていますので、 再生ボタンをタップすれば動画を視聴できます。 初回起動時に限り 、アプリの説明が表示されます。 浸水などの災害ハザードマップアプリまとめ 今回は、浸水などの災害ハザードマップアプリを紹介しました。 ただし、ネット接続に必要な費用は お客様のご負担になります。 避難計画を提案してもらえる 自宅の場所と構造、環境などをチェックするだけで、わが家の避難計画が提案してもらえます。

次の

葛飾区水害ハザードマップ(令和2年発行)|葛飾区公式サイト

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

・雨雲の動きを地図上に掲載。 ) ニュースに関する地域が設定されます。 災害発生時には、防災アプリ以外にもSNSやネット検索などでスマホを使用することになるので、気が付くとバッテリー切れになっていることが珍しくありません。 そのため、どんなにテレビで呼びかけても、何の根拠もなく 「自分の家は大丈夫だろう」 と考えてしまいがちになります。 わが家の避難計画では、土砂災害や水害などの危険度が表示されるので、自宅の災害対策を考える上で役立ちます。

次の

スマホで防災情報を収集するにはどんなアプリがいい?【自分の身は自分で守れ】

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

熱中症情報• 災害時は身の回りの安全確保が第一ですが、撮影した映像は多くの人に危険を知らせ、被害の現状を知らせる役にたつかもしれません。 すると、このような地図が表示されます。 ・おなじみの気象キャスターが動画で解説。 便利なのは、国土交通省ハザードマップポータルサイトにある「わがまちハザードマップ」と「重ねるハザードマップ」です。 スマホ充電用の防災グッズについては、別の記事で詳しく解説しています。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。

次の

NHK ニュース・防災 pc ダウンロード

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

が開発・提供している防災アプリです。 備蓄品については、別の記事で詳しく解説しています。 検索結果に表示された地域をクリックします。 ハザードマップについて勉強してみましょう! ハザードマップの配布等について 希望者には、危機管理課(区役所新館5階503窓口)や区内の全地区センターで配布をしています。 豪雨予報• ) 地域の設定1に登録されます。

次の

NHK ニュース・防災アプリの使い方と設定方法を画像付きで解説【iPhone、Android】

nhk 防災 アプリ ハザード マップ

近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27(2015)年に水防法が改正されました。 住所検索 市内の町丁目一覧から選択した地域の地図を表示します。 3ヶ所地域登録できる Yahoo! ハザードマップを事前に確認し、災害時の行動をあらかじめ考えておくことで、事前の備えや、いざというときの適切な行動につなげてください。 3位:東京都防災アプリ 東京都防災アプリは、その名のとおり東京都が提供する防災アプリです。 気象庁は「土砂災害警戒判定メッシュ情報」を流していますが、最高レベルの危険度でも土砂災害が起こらなかった地域もあれば、最高レベルに達する前に土砂災害が起こってしまった土地もあります。 ちなみに、 広島は日本一土砂災害が発生しやすい土地だそう。 町を東西に貫くのが氾濫した小田川。

次の